2016年01月27日

イライラを抑える方法

このブログでも、ときおり触れることがありましたが
イライラを抑える方法として一番いいのは
甘いものを断つことです。

食べ物と精神の関連は意外と強く
糖尿病とうつ病は合併率が高い
良質な脂質に集中力を高める働きがある
などの報告があります。

「イライラが止まらないから」という理由で
糖質制限を始める人は、ほとんどいないと思いますが
ダイエット目的などで始めた人が、何か月か後に
「イライラすることがなくなりました」
と言われることがよくあります。

はっきりとした理由は、わかりませんが
甘いものを食べなくなることで
血糖値の急上昇→インスリン大量分泌→反応性低血糖症
という反応を減らせるので、低血糖の後、身体が
血糖値を上げようと、交感神経優位となることも減り
興奮することを減らせるのではないか、と考えています。

また、交感神経優位になると、
肝臓などの消化器系臓器への血流が低下します。

東洋医学では、「肝」は感情を司っているとされ
イライラに対してよく処方されるのは、抑肝散という
漢方薬です。
(正確には、「肝」は西洋医学でいう肝臓と
まったく同じというわけではありませんが…)

糖質・炭水化物の摂取量が多いと
脂肪肝となるリスクが上がります。
(脂質が原因ではありません)
特に、砂糖やフルーツに含まれる果糖は
肝臓で直接代謝されるため
より高いリスクのあるものです。

甘いものを食べなくなることで
肝臓を健康に保てるようになるので
感情のコントロールがしやすくなる
のではないかと思います。

赤ちゃんが、夜泣きしたり大声で騒ぐことを
俗に「疳の虫」といいますが、昔の人は
子どもの情緒不安定は、甘いものが原因の病(やまい)
であることを、よく分かっていたのかもしれません。

イライラに対して、漢方薬を飲むのは
対症療法にしかなりません。
甘いものを断つことで、根本的な解決が図れるといいですね。


以前注文していたハーブティーなどが届きました。

12644692_830144777111516_2884736109769169462_nr.jpg
原材料名:たんぽぽ      以上(笑)

わたしは濃い目のコーヒーが好きなので
たんぽぽコーヒーは、あっさりとした印象ですが
香ばしくて旨みがあるので、眠らないといけないときの
コーヒーの代わりとして使えるな、と思いました。

原材料からこだわって作っている会社なので
これからも応援したいと思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 16:50| Comment(0) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

リクエスト募集します

もったいぶって言う程のことでもないので
3日前の記事で案が浮かんだ、ブログの発展について
事前にお伝えしておきます。

こことは別にウェブサイトの作成を考えています。
内容としては糖質制限の注意点や、つまずきやすい点
身体にいい食べ物、悪い食べ物、各病気の治療を助ける食材
などを考えています。

分量は、A4版数ページ程度にしかならないと思いますので
ウェブサイトと言っていいものなのか分かりませんが…

上記の記事にもある通り
女性は野菜だけをたくさん食べてしまう人が多く
中には、結果的に肉を受けつけなくなる人もいます。
(おそらく、タンパク質不足による胃の消化酵素不足)
肉も魚も食べ、野菜「も」たくさん食べる、ならともかく
野菜ばかりになると、タンパク質、脂質、鉄の不足が
起こりやすくなります。

そのような、つまずきやすいポイントをまとめたものや
こちらの記事をもう少し詳しく書いたようなもの
があると便利かと思い、作成することにしました。

不慣れなもので、できるまでに時間はかかるかもしれませんが
できましたら、ご報告します。

また、上記内容以外にも書いてほしいテーマがあるようでしたら
お伝えください。
すべて書けるとは言えませんが、できるかぎりのことはします。
よろしくお願いします。


お礼のコメントもいただきました。難消化性デキストリンについて

「ありがとうございました やはりあまりよくはないのですね これから気を付けたいと思います お忙しいところすぐにお返事いただきまして感謝しております」

こちらこそ、コメントありがとうございます。

もう一人。昨日の記事について

「早速ご感想頂きありがとうございました。僕もすっかり感化され、ココナツオイルとEPAサプリ実践しましたが、ココナツオイルは注意が必要とお聞きして、中断しています。今、”ケトン体が人類を救う”~糖質制限でなぜ健康になるのか~ (光文社新書) 宗田 哲男 (著)読んでます、読む毎に目から鱗が落ちる話の連続です。」

コメントありがとうございます。
『ケトン体が人類を救う』も名著ですね。

胎児が、ケトン体を主要なエネルギー源として利用していることを
間接的に示しており、科学的に
「ケトン体は危険である」という誤解を解いてくれます。

お産の安全性が高まり、子どもの情緒も安定しやすくなる
と思われますので、妊活中の方には特にお勧めの本です。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ
posted by ted at 13:58| Comment(1) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

以前、読者の方に教えていただいた
『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』ですが
本当に良い本でした。

「バターコーヒー」「バイオハック」
「ブレットプルーフダイエット」などのキーワードは
すでに一人歩きしていますが、その元になっている本です。

著者のデイヴ・アスプリーさんは
ダイエットを含め、身体をコントロールすることを目的に
アトキンスダイエット(低炭水化物)やビーガン(菜食主義)など
さまざまな食事法を数か月〜年単位で実践しているだけでなく
その間の身体の状態を、血液検査や脳波で計測しており
客観的な評価もしている点が素晴らしいと思います。

食事法の実践による、感覚の変化などの主観的な評価は
もちろん重要で、そういった感想が世に広まることで
糖質制限などの食事法の長所・短所が理解される
というのはありますが、それに加え
情報が広まるにつれて、今後は客観性も必要になる
と思います。

ほとんどの人は、実践する前に既存の知識に妨げられ
新しいことに挑戦できないものですが
説得力のある客観的なデータが揃えば
自信を持って、自分に合っていそうな食事法を試せる
と思います。

「甘味料にもいいものはある」や
「野菜に関しては食べすぎということはない」など
気になることは、いくつかありましたが
7〜8割の内容は納得のいくものでした。

非常に幅広く、様々な食材が
心身に及ぼす影響について検討してあり
近年の栄養医学の流れがおおまかに掴める
内容になっていると思います。

わたしの理解の足りない点や、首をかしげるような点は
今後さらに調べていくものとして、新しい知識・視点が得られ
本当に勉強になった1冊でした。
ありがとうございました。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ
posted by ted at 16:49| Comment(1) | おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。