2016年02月24日

「医師が失業する」の件

ちょっと久々にコメントをご紹介します。

「医師が失業するかも、という御心配ですが。 私も糖質制限を続けていますが、その効果をたしかめるためにも、三ヶ月ごとに血液検査尿検査をしていますし、毎年頸動脈、心臓、腹部エコーをしています。これらの継続的な健康診断を受ける人が増えれば、不健康な人が減っても、経営は大丈夫ではないかと思ったりします。」

コメントありがとうございます。
マジレスですね(^^)。ありがとうございます。
実は、そこまで心配していません(笑)。すみません。

まず第一に、糖質制限が健康に良いという情報が広まっても
実践する人は限られると思います。

現在でも、低脂肪で野菜をたくさん食べるのが健康的
だと言われていますが、実践している人は少なく
スーパーに行けば、カップラーメンが大量に並んでいます。
タバコも、今も吸っている人はいますね(笑)。

今までは実践しても報われない健康情報が多かったのですが
今後は、頑張って実践している人にちゃんと結果が出る情報
が広まるとは思います。ただ、みんなが実践するわけではない
と考えています。

次に、これから健康な人が増えても
現時点で通院・入院が必要な人はいますから
数年〜数十年は仕事がなくならないと思います。

それで、こういうブログが安心して書けるわけです(笑)。

確かに、検査という需要はあると思います。
糖質制限などを実践していても
健康に絶対の自信がある人は少ないでしょう。
また、わたしのように
もし病気になったら、それはそれで仕方ないか
と割り切れる人も、あまりいないかと思います。

血液検査だけでなく、エコーもされているのは
良いことだと思います。
動脈硬化の程度を画像で確認できるので
糖質制限で脳梗塞・心筋梗塞になった、というデマ
にも振り回されずに済みますね。

以前の記事でもご紹介しましたが
現在の健康状態に不安のある方は
一度、人間ドックなどのしっかりした検査を
しておかれることをおすすめします。

糖質制限の実践により、健康状態が改善していく様子も
確認できるかと思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 15:55| Comment(0) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

我慢しないダイエット

糖質制限が徐々に、世間にも受け入れられつつありますが
やはりハードなダイエットというイメージはあるようです。

つい先日も研修医時代の同期との飲み会で、そういう話になり
よく続くな〜と言われました(笑)。

そう言われることはよくあるので、最近では慣れましたが
わたしとしては、特に我慢はしておらず
食べたいものを食べたいだけ食べる生活をしているので
経済的なこと以外で困ることはありません。

その同期は、ご飯が好きなので我慢するのがつらい
とのことでしたが、わたしは食べたいときは食べているので
我慢しているという意識はなく、逆に
焼き肉屋に行って、ご飯でお腹を満たすなんて
もったいないなーと思ってしまいます。

栄養のある肉・魚を中心に、付け合わせ程度に野菜を食べ
それでも足りなければ、ご飯など炭水化物を食べる
という食生活は、我慢する必要もなく
自然と標準体重に向けて痩せ、健康的な体型が維持されます。
(痩せない場合は、肉・魚の量を増やし
ご飯にたどり着かないようにするといいです。)

タンパク質や脂質は、食事で得られる満足感が高く
自然と少食になることはあっても、食べすぎる心配はありません。
満足して食事をやめるので
我慢して食事量を減らすカロリー制限とは
まったく異なります。

家庭での食事や、いわゆる和定食の場合
ご飯は始めから付いており、一緒に食べるように
おかずも濃い目の味付けになっています。

ご飯を後から出すようにすれば、自然と料理の味付けも
素材の良さが分かるようなものになるので
いいことずくめです。

もっと言うと、最後にご飯だけを食べようと思っても
あまり食べられるものではありません。
味付けの濃いおかずを薄めるために一緒に食べている
という場合が多いように思います。

ご飯だけを食べようとは思わないのは
栄養価が低いためであり
せめて、ごま塩ぐらいかけたいと思うのは
糖質の代謝の際にミネラルを消費するためではないか
と思ってしまいます。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ
posted by ted at 15:16| Comment(0) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

糖質制限の真実

一昨日と似たような記事タイトルになってしまいましたが
『糖質制限の真実』(山田 悟著)は、本のタイトルで
わたしがここ最近、読んだものの中では非常にお勧めの本です。

著者は、北里研究所病院で糖尿病センター長をされている方で
健康的な生活のために、緩やかな糖質制限(ロカボ)を
推奨されている方です。

自分が診ている患者さんが流した涙をきっかけに
栄養学や糖質制限について見直し、今は糖尿病の患者さんだけでなく
妊婦さんも含め、多くの人にロカボを推奨しているようです。
(エネルギー消費の十分な子どもに対しては、非推奨)

糖尿病の専門医であり、多くの論文に目を通されているようですが
文献だけでなく、実際に目の前の患者さんを真摯に見つめ
偏見のない心で学び続けたからこそ
糖質制限の良さにも気付けたのではないか、と思います。

この本の良いところは、今までの糖質制限の本が
症例報告や観察研究といった、エビデンスレベルの低い内容で
構成されていたのに対して、無作為比較試験などの
エビデンスレベルの高い文献も取り上げていることです。

一般の人には分かりにくいかもしれませんが、要するに
今後、糖質制限が健康に有用であることを
学問的に否定するのは困難になってきた
ということです。

今までは、目の前の患者さんからの情報
(採血結果などの検査結果も含め)を頼りに
糖質制限を推奨する医師が中心でしたが
今後は、論文などから糖質制限の有用性を知り
活用していく専門医が増えてくるのではないかと思います。

さらに論文が増えてくれば、糖尿病学会のガイドライン
(医師が参考にしている治療指針)も改訂せざるをえなくなり
そうなってくると、教科書も書き変えられることになります。
将来的には、テレビでも「お医者さんに相談しましょう」ではなく
「糖質制限(ロカボ)を実践しましょう」となります(笑)。

さらにまだまだ先の話になりますが、糖質制限の実践により
健康を維持する人が多くなれば、わたしを含め
多くの医師が失業することになるかもしれません。

そうなったら、どなたか雇ってください(笑)。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ
posted by ted at 15:18| Comment(1) | おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。