2016年02月16日

風邪を引きにくくなる理由

糖質制限をしている人から、風邪を引きにくくなったなどの
免疫力の向上を報告されることは、よくあります。

これは糖質制限による血糖値の安定という面で
説明することができます。

いわゆる「普通の食生活」を送っていると
甘いものや炭水化物の過剰摂取により血糖値が急上昇し
それに反応して身体は血糖値を下げるホルモンである
インスリンを大量に放出します。

その結果、血糖値は下がり過ぎてしまい
一時的に低血糖となります。
今度は、血糖値を上げるためのホルモンである
グルカゴン、アドレナリン、コルチゾールなどが
放出され、やっと血糖値は安定します。

血糖値を上げるホルモンの中心は
グルカゴン、アドレナリンですが
甘いものなど精製度の高い糖質の摂取は
特に低血糖になりやすく、極度の低血糖では
コルチゾールも放出されます。

コルチゾールは、ステロイドホルモンであり
血糖値を上げる以外にも
免疫を抑制する働きがあります。
(膠原病などの自己免疫性疾患で使用される
ステロイド剤と、ほぼ同じものです)
血糖値は上がりますが、結果的に細胞性免疫、液性免疫
ともに低下します。

コルチゾールはストレスホルモンともいわれ
身体的・精神的なストレスがかかったときに放出され
免疫力を犠牲に血糖値を上げる
いわば非常手段としてのホルモンです。

糖質制限を行っていると、血糖値は
100mg/dl前後(人によっては80mg/dl前後)
で安定します。

血糖値が基準値〜低めで推移するため
グルカゴンが、ゆるやかに放出されることはあっても
コルチゾールが放出されるほどの緊急事態には
めったになりません。
(ストレスによる反応性の放出はありえます。)

また、低血糖に対して血糖値を上げようとする際は
交感神経系が優位となりますが
交感神経系優位は、副交感神経系優位に対して
マクロファージやNK細胞などの細胞性免疫が
相対的に活性が低下しています。

「普通の食生活」では、食後・間食後数時間で
血糖値の下がり過ぎ→交感神経系優位となってしまうため
相対的に細胞性免疫が低下するということです。

糖質制限であれば、血糖値が下がり過ぎることは
ほとんどないため、副交感神経系優位になりやすく
免疫系を高く保てます。
(ストレスを感じやすい性格の人は
交感神経系優位になりやすいので注意が必要です。)

糖質制限により免疫力が高まる、というよりも
糖質過多な食生活により低下していた免疫力が
本来の水準に戻る、といった方がいいかもしれません。

ヒト本来の食生活に近づけることで
ヒトが本来持っている能力を発揮できるようになる
ということです。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 11:47| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

バレンタインと糖質制限

昨日は、バレンタインデーだったので
日直(休日昼間の病棟管理)だったわたしは
「事務員一同」様よりチョコをいただきました(笑)。

わたしが糖質制限を実践していて
患者さんにも勧めているということは
一部の看護師さんぐらいしか知らないので
甘いものなのは仕方ありません。

以前のわたしなら喜んで食べていましたが
現在では、甘いもの依存もないため
妻と分け合ってなんとか食べました。

ゆうべは、「甘すぎるなー」とか言いながら
笑いながら食べ、いつも通りの時間に就寝しましたが
今朝になってみると身体がだるく
なかなか起き上がれませんでした。

昨日の日直業務も今日の仕事も
大したことはありませんでしたが
午前中から明らかに仕事の能率が落ちており
軽い頭痛もあったため、改めて
砂糖などの甘いものが持つ悪影響を実感しました。

ご飯やパンなどでは、食後に眠くなる程度のことはありますが
ここまでの悪影響はみられません。
やはり、砂糖などに比べると自然に近い食品であるため
身体が適応できているものと考えられます。

また、砂糖などは覚せい剤などと同様に耐性があるので
食べている間は、その毒性に気づきにくく
甘さに慣れてしまい、今以上に欲しくなってしまいます。

糖質制限を続けることで、その毒性に対する感度が高まり
「食べてはいけない」と身体が判断できるようになります。
喫煙者がタバコをやめた後、「タバコの煙ってくさいな」
と気づけるのと同じことです。

甘いものは、食べている本人のみが
身体を害しているだけなので、規制の対象ではありませんが
タバコなどと同様に、依存性があり
気づかない内にがんを進行させ
やめるまで、その毒性に気づけないものであると思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ
posted by ted at 16:09| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

断食とダイエット

いろいろなダイエットに挑戦したことのある方は
断食もしたことがあるかもしれません。

糖質を摂取しないので、1日程度の断食をうまく使えば
ダイエット効果があり、また
有害な化学物質の摂取量も減少するので
デトックス効果も期待できます。

しかし、糖質への依存があると長時間の断食は困難であり
続かなかったり、終わった後ドカ食いしてしまったり
ということがあるため、ときに危険を伴います。

かといって昨日の記事のように
ジュースクレンズという方法を使うと
糖質ばかり摂取することになるので
結局、何をやっているのか、わからなくなります。

断食がうまくいかない原因は、本人の精神面にあるわけではなく
糖質依存、もしくは栄養欠乏にあるので
まずは甘いものを完全に断ち、炭水化物も控える必要があります。

肉や魚、卵、チーズを積極的に食べる糖質制限食であれば
栄養も十分に補充できるので、断食中に
栄養欠乏に悩まされることもありません。

必ずしも「断食しないといけない」わけではありませんが
有害な化学物質が蔓延している今の世の中では
ときに断食を実践することで
身体をよりきれいな状態に保つことができる
ようになります。

糖質制限食で摂取する肉や魚などにも
有害物質が蓄積していることがあるので
がん予防としても効果的であると思います。

ダイエット効果については、糖質制限を行っていれば
まず必要ありませんが、一時的には効果があると思います。

元々が標準体重以上であれば、断食後、糖質制限食で再開すれば
痩せたままを維持できると思いますが
元々が標準体重の範囲以下であった場合は、断食で痩せたとしても
糖質制限食により、しだいに標準体重の範囲に入ってくる
と思います。

そういう意味で、断食はカロリー制限と同じく
不健康な痩せ方をするので注意が必要です。

また、期間は半日〜1日程度にとどめ
再開した食事をドカ食いしてしまわないように
気をつけた方が良いかと思います。

わたしは、断食を行うとしても
月に1回、1日ほどにとどめています。
元々標準体型なので、しばらくすると元の体型に戻ります。

ダイエットというよりも、健康法(デトックス)
と考えて実践する方が良いかと思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ
posted by ted at 17:35| Comment(0) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。