2016年06月30日

薬に頼らない便秘の解消方法は

今日もコメントをいただいています。

「こんにちは。いつも勉強させていただいています。今私は妊娠中で、つわりで胃もたれがひどく、思うように食べられません。また、便秘もひどく困っています。そこで、以前人参りんごジュースを飲んでいた 時にお通じが良かったことを思いだし、試してみようと思うのですが、やはり糖質制限の観点から人参りんごジュースは良くないのでしょうか? 朝の空腹時には血糖値が上がり過ぎますか? 私は40歳で、痩せ型ですが、健康診断では、糖尿病ギリギリセーフの数値です。」

コメントありがとうございます。
つわりの時期は、みなさん食べるものに苦労されますね。

結論から言うと、人参りんごジュースは
糖質制限の観点からは、あまり良くないです。

人参・りんごともに糖質量が多く
ジュースの形にすると繊維質(食物繊維)が少なくなりがちです。
吸収されやすい形になるため、そのまま食べるよりも
血糖値も上がりやすくなってしまいます。

薬に頼らない便秘の解消方法は

1.水分摂取(1日2L程度)
2.軽い運動(汗がにじむ程度)
3.脂質の摂取(バター、ラード、えごま油など)
4.マグネシウムの摂取(海藻類、大豆、ナッツ、ゴマ、干しエビなど)

です。大抵の方は、脂質やマグネシウム不足なので
いつもの食事を意識的に変えれば改善できると思います。

それでもダメなら、わたしの場合は
オリゴ糖を使います。

オリゴ糖は、ヒトにはほとんど消化吸収されず
腸内細菌のエサになるため
腸内環境を整える目的で摂取します。

わたし自身は、便秘になったことはありませんが
わたしの知人が使っていて、1か月もしない内に効果があったのが
ここのサイトのオリゴ糖だそうです。
妊婦や赤ちゃんも安心の話題のオリゴ糖


調べてみると、他にもオリゴ糖で有名な商品もありますが
口当たりを良くするためか、ショ糖(砂糖)が入っているので
あまりおすすめできません。

上記サイトで販売しているものだけが
砂糖を使っていないので、本当に腸内環境に良い
といえます。

砂糖は、腸内でカンジダ(カビの一種)
の繁殖を促してしまうので
腸内環境悪化の原因となりかねません。

また、血糖値の乱高下を引き起こすので
妊娠中であれば、お子さんへの影響も懸念されます。
ヒトには消化されにくいオリゴ糖のみの方が
より安全と考えます。

さらに、オリゴ糖であっても
こちらの記事でも書いた通り
腸内環境を整える目的で
短期間の使用に留めておいた方がより良いと考えます。

オリゴ糖を使うのは、最後の手段と考えて
できるだけ自然のもので体調が整うといいですね。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


posted by ted at 14:52| Comment(1) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

大事なことは感性で判断する

今日もコメントをご紹介します。

「先生、お返事ありがとうございました。 糖質ドットコムのスイーツならと未練がましく思っておりましたが、おかげさまで思いを絶ちきることが出来る気が致します。 買い物に行けば、デパ地下、スーパーには糖質たっぷりのご馳走が目のやり場に困るくらい並んでいます。 先生が糖質制限を始められて、コンビニのスイーツの前で食べた気になって想像を膨らませていらした話を思い出しました。 私はずっと好きで食べていた物を見ると心が揺れました(笑) 先生が、以前の記事で糖質制限食とは、ヒト本来の自然な食生活に戻す事とおっしゃっていらしたように、ナチュラルに生活して行く事を心がけ、気持ち良く暮らしていけるこの機会を大切にしようと思いました。 基礎化粧品も沖縄のオーガニックの物に変えまして、先日今まで使っていた物をためしに使ってみましたら、肌が苦しいような違和感がして驚きました。 糖質制限を始めて7週間、体重も-6s、明日は健康診断がありますので、結果が良くなればいいなと思っています。 蒸し暑い毎日ですが、先生、奥様ご自愛なさって下さい。 」

コメントありがとうございます。
そんなこともありましたね〜(笑)

沖縄のオーガニック化粧品は
こちらの記事でご紹介したものですね。

本当は化粧品を使わないのが一番身体に良さそうですが
女性の場合は難しいと思いますので
できるだけ身体に優しいものをご紹介しました。

違和感があったということでしたら
以前の化粧品は、含まれている化学物質により
気付かないうちに肌に負担をかけていた
ということかもしれませんね。

今は、甘いものが「好き」という感覚
が、まだあると思いますが
いずれ甘いものを摂取したときに
違和感を感じるようになると思います。

糖質が身体に負担をかけている、ということが
頭ではなく、身体の感覚で実感できるようになると
依存から抜け出すのも早くなります。

わたし自身は、甘いものは嫌いとまではいいませんが
最近は、わざわざ買ってまで食べたいとは思いません。
いただきものなどで食べてみたときなどに
違和感はあり、以前のようには食べられません。
食べた後も、眠気や体のだるさ、頭の重い感じがあって
やめといた方が良かったかなと思うときがあります。

頭は、割と簡単に誤解したり依存したりするので
身体の感覚に従った方が健康を保ちやすいのではないか
と思います。

頭ではなく身体で、知識ではなく感性で
身体に悪いものを避けられるようになるといいですね。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
posted by ted at 15:15| Comment(1) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

依存を避ける理由

コメントをご紹介します。
前々回の記事に対して。

「先生、いつもながらご丁寧にお返事ありがとうございました。主治医の先生の診察を来月受けるので、先生のおっしゃるようにベイスンについて、相談させて頂こうと思っております。また血糖値測定器も、製品により、数値が高めに出る物があるとの事ですので、主治医の先生のところで使われているものと同じものが良いのかもと思いまして、こちらについても相談をと思っております。 先生は、次の記事の中で、何にも依存せず自由に健康で自分らしく生きていけるといいなと書かれていらっしゃいましたが、なんて素敵なお言葉だろうと思いました。 それにひきかえ私は、血糖値の乱高下が辛いので、甘い物を摂りたくないのですが、血糖値が上がらないという江部先生ご監修の糖質制限ドットコムの食品なら、たまには食べたい物も口に出来て、幸せなのかもー♪と思ってしまう不届き者なのです。 先生はエリストールも良くないと書かれていらしたと思うのですが、そんな事では、やはり糖質依存からは、抜け出せないですよね((T_T))」

コメントありがとうございます。

「そんな事では、やはり糖質依存からは、抜け出せないですよね((T_T))」
そうですね(笑)(^^)

依存(依存症)は、身体依存と精神依存の
2種類に大きく分けられます。

身体依存は、摂取をやめたときに
いわゆる禁断症状(頭痛や不眠、ふるえ、嘔気など)
が身体に現れることをいいます。

精神依存は、摂取をやめたときに
精神的に不安定になり、依存物質を探してしまうこと
をいいます。

なぜ「依存」が問題なのかというと
身体依存が身体に悪いのはもちろんですが
精神依存により、精神状態が不安定になると
それも身体に悪い影響を与えるからです。

精神状態が不安定になると交感神経系優位となるので
血糖値の上昇、血管の収縮、免疫力低下
などが起こります。

身体依存と精神依存は相互に影響しあっているので
重複したり、混同されがちですが
糖質については、特に精神依存が強く
問題であると、わたしは考えています。

では、精神的に不安定にならないように
血糖値が上がらず、身体に悪影響を与えない
(と現時点では考えられている)エリスリトール
などを利用すればいい、と思われる方もいるかもしれません。

しかし、わたしは身体にとって必須である
タンパク質や脂質ならともかく
身体にとって必要ではない甘味料を
お金を出して、一生摂取し続けたい
とは思いません。

数か月〜1年前後の辛抱で
甘いものの束縛から解放された
金銭的にも少し自由度が増えた生活が得られます。
(タバコやお酒もそうですが、やめて買わなくなる方が
少し金銭的に余裕ができますね)

浮いたお金で本を買ったり、旅行に行けば
さらに精神的に豊かな生活が送れます。
依存から脱しないといけない、というよりも
依存から脱した方が楽なのにな
とわたしは思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
posted by ted at 11:09| Comment(2) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。