2016年10月28日

糖質制限ダイエットの基本

今までの記事と
かぶっているところも多々あるかと思いますが
徐々に洗練されてきているはず…(笑)と考えて
更新を続けます。

わたし自身も学び続けているので
昔の記事と矛盾があれば
最新の記事が正しい(とわたしは考えている)
とお考えください。


糖質制限が、ダイエットに効果的なのは
糖質が体脂肪の元になっているから、です。

ご飯・パン・うどん・パスタなどの炭水化物や
砂糖・果糖ブドウ糖液糖などの糖質を
飲んだり食べたりすることで
血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が上昇します。

その血糖値の上昇に応じて、すい臓から
インスリンというホルモンが放出されます。

このホルモンは、ブドウ糖を
血液中から脂肪細胞の中へ取り込ませることで
血糖値を下げる働きがあります。

脂肪細胞の中で、ブドウ糖は
中性脂肪に変換されて蓄えられます。

限界まで中性脂肪を蓄えた脂肪細胞は
周囲の細胞を脂肪細胞に変えることで
さらにブドウ糖を取り込もうとします。
これが太るメカニズムです。

糖質制限をすると
体脂肪の元になっているブドウ糖の
摂取量が減少し、痩せる人が多いので
糖質制限ダイエットと言われています。

700万年ともいわれる人類の歴史の中で
ヒトの身体は、その人の生活に応じて
必要な体脂肪や筋肉の量になるよう
コントロールできるようになっています。

獲物が大量に手に入るときもあれば
何日も、ろくに食べるものがないという日もあった
と考えられます。

獲物の量によって
タンパク質・脂質を大量に摂取しても
身体を壊さない仕組みはできていても
ブドウ糖(糖質・炭水化物)の大量摂取には
適応できていません。

糖質・炭水化物が大量に手に入るようになったのは
少なくとも農耕を開始した約1万年前のことで
長い人類の歴史の中では、ごく最近のことだからです。

現代のヒトについても
タンパク質・脂質の大量摂取があっても
過剰なブドウ糖(糖質・炭水化物)の摂取がなければ
自然と適正な体型となります。

脂っこいものを食べると太る
という誤解がありますが
脂っこいものと、糖質・炭水化物を
一緒に摂取しているから
太ってしまうというだけのことです。

イギリスの医師が
『やせたければ脂肪をたくさんとりなさい』
という本を書かれています。
よろしければご参照ください。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


posted by ted at 14:21| Comment(0) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

冬に食べた方がいい食べ物

冬に食べた方がいい食べ物は、牡蠣です。
定番ですが、「海のミルク」といわれるほど
栄養豊富な食べ物ですから。

わたしも冬場に定食屋に行く機会があれば
ほぼ確実に、カキフライなどがある店にします。
(できれば、焼いてある方がいいですが…)

牡蠣には、亜鉛、鉄などのミネラルや
ビタミンB1、B2などのビタミンが豊富に含まれます。

亜鉛は、タンパク質の合成に関与しているので
不足すると、常にタンパク質が入れ替わっている組織
(皮膚、爪、髪の毛など)が荒れやすくなります。

皮膚が荒れているとき、腸管も荒れていることが多いですが
亜鉛不足でも、腸管が荒れてきます。
荒れた腸管から、タンパク質が分子量の大きいまま
体内に侵入することで、アレルギー反応を起こしやすくなります。

結果的に、免疫機能の維持に亜鉛が役立っている
ということです。

牡蠣などの貝類は、可食部のほとんどが内臓なので
栄養分が凝縮されています。

毎日大量の海水からプランクトンをこしとって
その栄養を蓄えている部分なので
少量でも効率的に栄養補給できます。

自宅で購入する場合は、栄養豊富な
加熱用の牡蠣がおすすめです。

生食用は、鮮度がいいわけではなく
捕れたところの水質によって決まっています。

プランクトンの少ない海域で捕れた牡蠣を
滅菌のため数日断食させたものが、生食用なので
身が細っており、味もあっさりしています。

加熱用は栄養豊富で、味も濃厚ですが
感染症のリスクがあるので、加熱する必要があります。

生食用には、のどごしがいい等のメリットもあるので
それぞれのメリットを生かして冬の味覚を楽しみましょう。

今日は、来月(11月)あたりから美味しくなってくる
亜鉛たっぷり栄養豊富な牡蠣の話でした。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。
ラベル:牡蠣 亜鉛 栄養
posted by ted at 15:01| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

糖質制限と免疫

ゆうべ、妻と話していたら
「そういえば、最近、病院に行ってない」
という話になりました。

妻は、結婚してから
本格的に糖質制限を始めましたが
それまでは、毎月のように風邪を引いては
病院に通っていたそうです。

新婚当初こそ、ときどき体調を崩し
病院にも何度か行きましたが
ここ1年ほどの間は、病院にも行かずに済んでいます。

軽い風邪を引いても、自力で治しており
ぜんそくもあるそうですが、結婚してからは
一度も発作を起こさずに済んでいます。


糖質制限を行うことで、免疫機能が改善します。

砂糖や異性化糖(果糖ブドウ糖液糖など)の摂取は
腸内でカンジダといわれるカビの一種が増殖するため
腸内環境が悪くなります。

その結果、小腸にあるパイエル板という免疫組織が
正常に働かなくなり、免疫機能が低下します。

糖質制限により、甘いものを断つことで
免疫機能は正常に近づき
ヒトが本来持っている免疫力を発揮できる
ということです。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。
posted by ted at 13:08| Comment(0) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。