2016年11月18日

食物アレルギーの治し方4

前回は、即時型アレルギーの原因として
免疫力や肝臓の解毒能力の低下が
考えられる、という話でした。

今回は、遅延型アレルギーについてです。

即時型アレルギーが、食べた直後から
数時間以内に症状が現れるのに対して
遅延型アレルギーは、食後数時間から
12時間ほどで症状が現れる
という違いがあります。

その反応速度からも推測できる通り
即時型アレルギーの症状が
出現するスイッチ(IgE抗体)は
口腔内などの粘膜面にあります。

それに対して、症状出現まで12時間もかかる
遅延型アレルギーは、消化管のもっと下
主に小腸に原因があります。

小腸では、タンパク質(分子量:4千以上)は
通常、アミノ酸(分子量:約百)にまで
分解されたものが吸収されますが

小腸にリーキーガット症候群といわれる
異常があると、タンパク質の分解が
ポリペプチド(分子量:千〜4千)
といわれる中途半端な状態であっても
吸収されてしまいます。

通常、ポリペプチドという状態では
小腸から吸収されないため
免疫系が、ポリペプチドを異常な侵入者
と判断して反応するため
身体に様々な不調を来します。

前回の例で言うと
家の中に牛が入ってきて
警察がパニックになっている
という状態です。
(ポリペプチドはきちんと分解すれば
栄養になるので泥棒ではありません)

免疫系が正常に働いているからこそ
遅延型アレルギーが出現するわけです。

そのため、遅延型アレルギーの治療は
ほぼリーキーガット症候群の治療
といえます。

牛を近づけない
=アレルゲンとなる食物を食べない
というのも大事ですが
牛が入れない柵を作る
=リーキーガット症候群を治す
ことの方が、より重要です。

リーキーガット症候群の原因は
数多くあります。

砂糖や果糖ブドウ糖液糖、人工甘味料
オメガ6系脂肪酸、トランス脂肪酸
小麦(グルテン)、牛乳(カゼイン)
アルコール、カフェイン
フッ素、キシリトール
虫歯に詰めた重金属(毎日わずかに溶けます)
抗生物質、胃薬、鎮痛薬、ピル
…など。

「どれも当てはまらない」という人はいない
かもしれませんが、糖質制限でも良くならない
頭痛や腹痛、身体のだるさ、気分の沈み、喘息
など原因不明の症状が続いているようであれば
疑ってみる価値はあります。

本格的な治療は
栄養医学について詳しい医師
でないと難しいかもしれませんが
上記のものや、その他の原因を
可能な限り0に近づけることで
治療は可能です。

以上、遅延型アレルギーの治療は
リーキーガット症候群の様々な原因を
可能な限り0に近づけること
という話でした。

簡単ではありますが
食物アレルギーの連載は、これにて終了です。
いかがでしたでしょうか。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


posted by ted at 20:27| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

食物アレルギーの治し方3

前回は、即時型の食物アレルギーの原因は
食材に含まれる微量の有害物質と考えられる
という話でした。

では、なぜ食物アレルギーのある方は
微量の有害物質に過剰に反応してしまうのか
というと
免疫力や肝臓での解毒能力が低いから
と考えられます。

免疫力が高ければ
有害な物質が多少入ってきたところで
速やかに排除することができます。

また、肝臓での解毒能力が高ければ
免疫系が排除しきれなくても
肝臓で無害化することができます。

それらの能力が低い場合
有害な物質を極力体内に入れないように
口の中や喉などの粘膜面での防御反応を
過剰なまでに行う必要がある
ということです。

泥棒が来たときに
家に子どもしかいなければ
門をしっかりと閉ざす必要がありますが
家の中に警察官がたくさんいるなら
門を開けておいてもいいわけです。

免疫力を高める方法としては
甘いものを一切断ち、炭水化物を控えること
つまり、糖質制限です。

また、水溶性食物繊維の豊富な海藻類や
味噌、納豆などの発酵食品は
腸内環境を整えるので
免疫力の向上が期待できます。

定期的な断食も
腸内環境のリセットや排毒に効果的です。
定期的な断食でアトピーが治った
という例もあるそうです。

肝臓の解毒能力の向上は複雑ですが
まずは、解毒の中心となる酵素の原料となる
タンパク質やミネラルが必要です。
補酵素としてビタミンも重要なので

やはり糖質摂取で
ビタミンやミネラルを浪費するわけにはいきません。

また、これは治療というより予防
というべきかもしれませんが
特に子どもの頃は清潔すぎる環境に置かないこと
が重要です。

子どもの頃に様々な菌に触れることで
免疫力が鍛えられます。
子どもが何でも口に入れるのは
菌を取り込もうとする本能かもしれません。

ということで、即時型アレルギーには
糖質制限+海藻類+発酵食品+たまに断食
タンパク質・ビタミン・ミネラルも忘れずに
という話でした。

遅延型アレルギーについては、また次回m(__)m

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
posted by ted at 21:18| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

食物アレルギーの治し方2

前回は、食物アレルギーには
即時型と遅延型があり、一般的に
食物アレルギーといわれるのは即時型
である、という話をしました。

では、その原因についてですが
牛肉の記事で少し触れましたが
食べられないというのは(アレルギーであっても)
微量の有害な物質に対して、身体が拒絶している
可能性があります。

例えば、即時型の卵アレルギーがある方でも
放し飼いの卵や平飼いの卵は問題なく食べられる
という方もいます。

これは、ケージ飼いの卵の場合

遺伝子組み換え穀物を含んだ配合飼料
を与えられて育っているため
残留農薬が卵にまで引き継がれている
可能性があることと

出荷前に、サルモネラ菌を殺菌するため
次亜塩素酸ナトリウムで消毒(塩素消毒)
されることが影響している

と考えられます。

つまり、放し飼い卵なら食べられる人の場合
即時型の卵アレルギーは
残留農薬もしくは塩素に対する拒絶反応
といえます。

さらに、外国産の卵の場合
日本では禁止されている抗生物質やホルモン剤
が使用されている可能性が高くなるので
話は複雑になります。

「外国産の卵」がどこで使われているか
というと、主に加工食品です。
原材料の欄に「卵黄」などとあれば
外国産の可能性が高いです。

お菓子や卵サンド、コンビニ弁当
給食などでも使われる、炒り卵や錦糸卵なども
国産の卵で直接作っているとは
考えにくいものです。

「業務用 炒り卵」などで検索すると
いろいろあります。
スーパーでだし巻き卵も売ってますね。

抗生物質やホルモン剤
そういった微量の有害物質に反応してしまうこと
もアレルギーの原因と考えられます。

なぜ身体は、わずかな有害物質に反応してしまうのか
というと、それは免疫力が関与しています。

すみませんが、続きはまた次回。
けっこう好評なので、時間はかかっても
しっかり書いていこうと思います。
よろしくお願いします。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
posted by ted at 20:40| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。