2015年07月17日

糖質制限は認知症予防にもなる

がんとともに、認知症も近年増加傾向にあります。

明治期以降、砂糖や精白穀類(白米、小麦粉)の消費量も
増加傾向にあるので
糖質制限で認知症予防できる、と単純に言っているわけでは
ありません。

認知症の原因は脳にアミロイドβが沈着すること、と
いわれています。

アミロイドβを分解する酵素は、同時にインスリンも分解しているので
インスリンが増加すると、アミロイドβの分解が間に合わなくなり
結果的に認知症になると考えられます。

糖質や炭水化物の摂取により、血糖値が上昇し
血糖値を下げるホルモンであるインスリンが大量に放出されます。

つまり、糖質・炭水化物の大量摂取を続けていると
インスリンが大量に放出され続け
常にアミロイドβが沈着し続けることになり
認知症のリスクが上昇します。

11719936_738433212949340_1514294129_nr.jpg

デザートは、たまの贅沢だから美味しく味わえます。

応援クリックよろしくお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


ラベル:認知症 糖質制限
posted by ted at 12:49| Comment(0) | 糖質制限 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。