2015年08月14日

40過ぎると妊娠できない、は嘘

もちろん早いに越したことはありません。

卵子のもとになる卵母細胞は、女性が生まれた時点で
既に体内に存在しています。

その後、思春期を経て卵母細胞が成熟し、妊娠に至ります。

つまり、それまでの生活が
卵子に影響を与える可能性があります。

食品添加物や残留農薬、放射能などはもちろんですが
糖質・炭水化物も要注意です。

糖はタンパク質を糖化(変性)させます。
高血糖は血流にのって全身のタンパク質を変性するので
身体の様々な箇所で微妙な不調を来します。

それは卵母細胞も同じで、時間が経つほどに糖化は進みます。
糖質制限食なら糖化を激減することができます。

10677971_592436107549052_1974981196_or.jpg

「年のせい」と言われる不調のほとんどは
糖化で説明可能です。

妊娠を希望するなら、今からでも遅くありません。
海外では50代60代での出産例もありますから。

以前にもお伝えした
冷えに対する効用以上に
糖質制限食は不妊に効果的と考えます。

応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 12:31| Comment(0) | 糖質制限 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。