2015年08月28日

AGEってなんですか?

健康に気を使っている方なら
聞いたことがあるかもしれませんが
タンパク質が糖と結びつくと、AGE(終末糖化産物)
といわれるものに変わります。

いわゆる、タンパク質の変性が起きるわけですが
これは糖によって引き起こされているということです。

体内には、いたる所にタンパク質があるため
血糖値の上昇により、容易に全身のタンパク質が
AGE化します。

それを防ぐため、血糖値はいつも必要最低限の値に
コントロールされています。

タンパク質がAGE化すると、何が問題かというと

例えば、肌のコラーゲンがAGE化すると
弾力は失われ、ハリのない肌に変わってしまいます。
年とともに、顔に新たなシミができる人もいます。
甘いものが好きな子どもに、そばかすが多いのもあります。

骨にもコラーゲンはあるため、AGE化により
骨はもろくなり、骨粗しょう症といわれる状態になります。

アルツハイマー病の人の脳に老人斑といわれる色素沈着が
よくみられますが、そこにAGEが多量に蓄積されていたこともあって
認知症の原因物質ではないかとも考えられています。

今まで加齢による変化、と思われていたものは
実は、タンパク質のAGE化が原因だったかもしれません。

タンパク質が糖と反応するのは、体内だけではありません。
加熱により食品中のAGEは増加します。

10957081_660135520779110_565416350_or.jpg

巾着も、キツネ色にAGE化しています(笑)。

ただ、人類が火を使うようになったのは、50万年以上前らしいので
食事によるAGEの摂取には、適応できているんじゃないかと思います。
(もちろん、少ないに越したことはありませんが)

注意すべきなのは、体内のAGE化です。

糖質制限で血糖値を上げないようにすれば
老化を遅らせ、いつまでも若々しくいられると
考えています。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 13:44| Comment(0) | 糖質制限 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。