2015年08月30日

糖質制限がうまくいかないのは

糖質制限がうまくいかない理由は
いくつか考えられます。

多いのは、脂質の不足です。

炭水化物の代わりとなるのは、脂質とタンパク質ですが
脂質を食べると太る、という誤解により脂質不足になる場合があります。

脂質は、ケトン体としてブドウ糖の代わりに脳のエネルギー源になります。
他の細胞では、アセチルCoAとなりエネルギー源となります。

それで、脂質不足の糖質制限では容易にエネルギー不足となるわけです。

代わりに、タンパク質を多量に摂ってエネルギー不足を補う
と考えるかもしれませんが、『火の賜物』という本によると

「ヒトにとって安全なタンパク質摂取の上限は、
全カロリーの五〇パーセント前後」

とあり、それを越えるとタンパク質中毒症状
(「有毒レベルの血中アンモニア、肝臓や腎臓の機能障害、脱水症状、食欲不振」)
が現れるようです。

タンパク質の過剰摂取はリスクが高く
脂質については摂りすぎが問題となることは
あまりない
ようなので

糖質制限には
脂質しっかり、タンパク質をほどほどに
摂る必要がありそうです。

11068338_713433975449264_1338923018_or.jpg

また、糖質制限がうまくいかない理由として
もう一つ大きなものは、鉄欠乏です。

タンパク質・脂質をエネルギー源として用いる場合
TCA回路と電子伝達系というエネルギー産生経路が
働く必要がありますが、これらがうまく働くためには
鉄が必要となるからです。

すみません、書いてみると
ちょっと長くなりそうなので、続きはまた明日の昼にでも…

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 19:14| Comment(0) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。