2015年09月01日

和食で痩せる?

今日は、落ち着いた一日になりそうです(^^)。

さて、昨日は糖質制限がうまくいくかどうかに
その人の個性が影響している可能性について触れました。

どういうことかというと、
糖質への耐性(処理のしやすさ)が人それぞれ違う
ということです。

過剰な糖質は、身体にとって有害ですが
アルコールに強い弱いがあるのと同様に
糖質にも強い弱いがあると考えられます。

11028801_679700582155937_2060324246_or.jpg

同じような食生活をしていても、癌や糖尿病・認知症
になる人もいれば、まったく平気な人もいます。

そのため、現在でも「糖質制限は体にいい」という意見と
「糖質制限は危険だ」という意見が、両立しているわけです。

糖質制限で体調がよくなる人は、糖質の害を処理しきれない
つまり、糖質に対する耐性の低い人ということですね。
もしくは、マクロビオティックや粗食・断食などで栄養不足に
なっている人だと思います。

逆に、糖質制限しても変わらない、もしくは体調が悪くなる人は
糖質の処理能力が高かったり
胃腸が弱い(タンパク質の消化酵素不足など)人が多いです。

そういう人の場合、和食や玄米採食などで
スタイルが良くなり、健康を維持できる可能性があります。

ただ、それも一時的なことです。
アルコールに強い人でも飲み続けると身体を壊します。
糖質に強い人でも、摂り過ぎには注意した方がいいです。

それで、和食と粗食はセットになっているわけです。
粗食にして食事の総量を減らし、糖質の害を減らす
結果的に、その他の化学物質(農薬や化学調味料など)も
減るので、一時的に体調は良くなります。

粗食にすると、必要なタンパク質・脂質も不足する恐れがあるので
その点は意識して行った方がいいと思います。

胃腸が弱く、肉が苦手な人は、魚・卵・チーズから始めて
食べやすい鶏肉に挑戦していくのがいいんじゃないかと思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 13:47| Comment(1) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも新しい情報を、またアドバイスを楽しく拝読させていただいております
さて、主治医から糖尿病予備軍になってしまうかもしれない
という宣言をされ、自分なりに糖質制限を始めました
これまで何をやっても痩せなかったのに
始めてから2週間で4キロ減りました
ただ、本当の意味で痩せたかどうかという事は1ヶ月してからでないと解らないのでは?と疑心暗鬼になっています
また、逆にこんなに簡単に短期間で体重が落ちるものでしょうか
先生がおっしゃっている通り、最初のうちはダルさと眠気が半端無く襲って来ていましたが、今は大分慣れました
こんな体重の減り方で最初は良いのかどうか、先生のご経験からご教示いただければ幸いです
宜しくお願いします
Posted by winnie at 2015年09月01日 18:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。