2015年09月03日

空腹で手が震える?それって…

「糖質制限をやってみたけど、やっぱりお腹がすく」

という訴えを聞くことがあります。

糖質制限を始めたばかりの頃は、血糖値が安定しないせいか
空腹を感じることは多くなります。
わたしも、始めたばかりの頃は、甘いものが欲しいのと
空腹感が本当につらかったです。

そのときは、間食(炭水化物でないもの)を
こまめに摂るようにして、しのぎました。

間食として使っていたのは、アーモンドなどナッツ類
あたりめ、チーズ、サバの水煮缶、納豆などです。

その当時は何がいいのか、いまいちよく分からなかったので
とにかく糖質の少ないものを選んで食べていました。

今思えば、空腹感の理由としては、血糖値以外に栄養不足
もあったのかも、と思います。
となると、間食として適切なのも、肉(魚)・卵・チーズなどに
なりますね。

必要な栄養摂取をするだけなので、食事と間食の区別は
そもそも必要ないかもしれません。

10968708_666760336783295_184512291_or.jpg

空腹時に手が震えるのは、低血糖の症状だと思われます。

食事や間食内容などに糖質が多いと、血糖値をしっかり下げるために
インスリンというホルモンが多量に放出され、食後2〜3時間後
一時的に血糖値が下がり過ぎてしまい、低血糖症となります。

手の震えの他に、めまい、ふらつき、眠気などの症状が現れます。

多くの人は、その症状に対処する際に糖質を摂取してしまうので
2〜3時間ごとに血糖値が乱高下し、低血糖症を繰り返してしまいます。

空腹感にも食事前の手の震えにも、肉(魚)・卵・チーズですね。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 13:24| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。