2015年09月04日

糖質制限の落とし穴

何となく疲れやすい、眠気がある、気分が沈みやすい
そういった症状は、糖質の過剰摂取が原因のことがあります。

「過剰」というのは人によって違うので、みんな食べてるから大丈夫
というわけでは、ありません。
ひとそれぞれ適正量があると考えられますので、少しずつ糖質量を減らしていって
心地よく過ごせる量を見極めてもらった方がいいです。

わたしの場合は、一日にごはん(白米)なら茶碗半分ぐらいです。
もちろん、パンやうどんなどは食べずにです。
これなら、だるさも眠気もなく生活できます。

11024808_677582692367726_827005228_or.jpg

以前、受診された方に「甘いものや炭水化物はあまり摂ってません。
そもそも食事自体一日一食ほどです。」という方がいました。

食事はパンが主食だったり、野菜ジュースを飲んでいたりと
あまり良いものとはいえませんでしたが、確かに
間食はせず、甘いものを食べたりはしてないそうです。

ただ、その方の状態があまりにも悪いので、よくよく聞いてみると
職場でコーヒーが自由に飲めるので、それに砂糖を入れており
1日7〜8杯飲むとのことでした(笑)。

人の全血液に含まれるブドウ糖は4g程度なので
ティースプーン1杯程度でも、血糖値は約2倍に急上昇します。
コーヒーにはカフェインが含まれるので、交感神経優位になり
さらに血糖値は上昇します。

その緊急事態に、多量のインスリンで対処するので
低血糖症が引き起こされます。また、それが繰り返されると
脳が低血糖に対処できず、頭痛、めまい、うつ病のような症状
が現れることがあります。

間食で甘いものを食べてなくても、コーヒーや紅茶に砂糖を入れたり
缶コーヒーや清涼飲料水(スポーツドリンク含む)などで
知らないうちに多量の糖質を摂取していることがあるので
飲み物にも注意した方がいいですね。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 13:08| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。