2015年09月09日

糖質制限なんてやめた方がいいよ

と言われることがあります。

極端な食生活だから、ということがその理由のようですが
その人の食生活を聞いてみると、極端に糖質に偏った生活をしています。

そんな生活をしていると、がんになるよと教えても
みんな同じようなもの食べてるから大丈夫と言われます。
それより、ごはん食べなよ、日本人なら米だよ、と(笑)。

日本人がコメを食べるようになったのは、ここ数千年のことです。
一般人が精製された白米を食べれるようになったのは戦後と思われます。
それ以前は、数百万〜数万年にわたって狩猟採集の生活をしており
糖質制限に近い食生活、食べたとしても雑穀を少量だったと考えられます。

11034612_678638565595472_1815409283_or.jpg

そのため、ヒトは血糖値を上げるホルモンは4種類持つのに対し
下げるホルモンを1種類しか持っていません。
ヒトにとっては、高血糖は想定外の緊急事態であり
対処する術が乏しいのが現状です。

1.血糖値が急上昇すると、インスリンで
血糖を脂肪に変換して血糖値を下げます。

2.慢性的な血糖値の上昇には、尿として排泄します。
(これを人は、糖尿病という病気と考えます。)

3.高血糖が続くと、低酸素な部位にブドウ糖を積極的に取り込み消費することで
増殖を無限に繰り返す組織を作り出します。
(これを人は、がんという病気と考えます。こちらも参照どうぞ

この状況が数万年も続けば、突然変異などで
高血糖でも健康を維持できる新種の人類が現れるかもしれませんが
現状では、ヒトが高血糖に対処する手段としては上記3つと考えられます。

わたしは、がんや糖尿病はもちろん、インスリンによる血糖値の乱高下も
遠慮したいので糖質制限を続けています。

健康に悪いと思われる糖質過多の食生活を
他人に勧める人が多いのに対して
糖質制限を強く勧める人が少ないのは不思議ですね(笑)。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 13:19| Comment(2) | 糖質制限 がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も糖質制限をしていますが、糖質制限を人に強く進める人が少ないのは、糖質制限をする人は自己責任、自己判断で自分の健康は自分で決めるという自立した人が多いからだと思います。糖質制限を否定しようとする人は、結局自分で考えたり調べたりしていないから自己決定しておらず、ゆえに自信がないから他人のことが気になるんでしょうねw
Posted by ひで at 2015年10月05日 21:22
コメントありがとうございます。
糖質制限をしている人、全般に言えるかどうかわかりませんが
わたしも、実生活で強く勧めるということはしていません。
本人の理解の程度や意欲によっては、続けられない上に
勘違いで、思わぬトラブルになることもあります。

自立、自己決定、自信…重要ですね。
Posted by ted at 2015年11月27日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。