2015年09月17日

糖質制限がダメなわけ

このブログを書いている以上
わたしは糖質制限が一番の食事法だと考えている
と思われるかもしれませんが、そうではありません。

いわゆる「普通の食事」よりは良いと思いますが
最高だとは考えておらず、今も勉強を続けています。

名称はわかりやすいですが
制限するということにマイナスのイメージがあり
また、「制限」していればいい、ということで
「前はチョコを1日1枚食べていたけど、今は1日2口に制限している」
という人もいました(笑)。

糖質制限を実行する上で重要なのは
甘いものを一切食べないということです。
甘いもの依存から脱するのに数か月はかかります。
これができないと大抵うまくいきません。

そういう意味で、コンセプトとしてわかりやすいのは
糖質制限ではなく、断糖肉食ですね。
(砂糖などの甘いものを一切食べずに、肉食を中心とする
いわゆる先住民食とほぼ同義のようです。)

11081649_687433784715950_470758463_nr.jpg

甘いもの依存から脱する過程で必要となる
タンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養も
肉から摂取できるので必要十分な名称になっています。

糖質制限の欠点は、糖質をどのように制限して
その後、何を食べればよいのか不明瞭なため
結果的に失敗してしまう人が多いというところにあります。

人に伝えるには、わかりやすく頭に残るものがよいので
断糖肉食がより良いと思いますが
さらによい食事法を探して、これからも学び続けたいと思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 13:43| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。