2015年09月25日

食べても太らないコツ

そんなものがあるんでしょうか。
某サイトにあったので、ちょっと考えてみました。

そのサイトの答えは
野菜などを先に食べる、よく噛むなど
で結局、食べる量自体が減っており
食べても太らない、の説明ではありませんでした。

ただ厳密には、食べること=太ること
ではないので、食べても太らないのは可能です。

もちろん内容は、糖質制限的な食事になります。

11085867_690993147693347_892582426_or.jpg

太るのは、食事などにより摂取した糖質(ブドウ糖)が
インスリンの働きにより、体脂肪に変換されるためです。

つまり、健康な人が食べても太らないようにするには
食べるものを糖質以外のものにする、だけです。

では、糖質を食べているのに太らない人
はどうなんでしょうか。

糖質を含め、たくさん食べるのに太らない
いわゆる「痩せの大食い」な人は確かにいます。
その理由は3つあると、わたしは考えました。

1.食べても吸収していない
あまり噛まないため、消化不良により排泄されている
2.インスリンの感受性が低い
血糖値上昇により放出されたインスリンに身体が反応せず
ブドウ糖が脂肪に変換されない
つまり基本的に高血糖状態で、2型糖尿病
3.インスリンが放出されていない
タンパク質の摂取不足でホルモンが産生されていない
もしくは、1型糖尿病

他にもあるかもしれませんが、思いついたのはこれぐらいです。
1.と某サイトが反対の答えになってしまいました(笑)。

「食べても太らない」人が、よく噛んでいるところを
わたしは見たことがありません。
「痩せの大食い」は、早食いでもあります。

早食いは、糖質を食べながら害を抑えるには
最良の策かもしれません(笑)。
もちろん食べないのが一番なのは
言うまでもありません。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 13:08| Comment(0) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。