2015年10月22日

玄米菜食は健康的か?

玄米菜食は、糖質制限と同様に健康的な食事法として
現在注目されていますが、やはりデメリットがあります。

1.エネルギー効率が悪い
消化に悪い植物性食品の摂取が中心となるため
食品の消化・吸収が困難。

2.タンパク質・脂質・ビタミンB群・鉄の不足
タンパク質・脂質・鉄を多く含む食材が少なく、不足しやすい。
糖質の比率が高くなるので、ビタミンB群の消費が多くなる。

3.冷えの原因になる
肉や魚を食べていないと、タンパク質不足により筋力が低下しやすい。
生野菜などは身体を冷やす(東洋医学的な概念)。

他にもあるかもしれませんが、主要なのは上記3つと思われます。
逆にメリットとしては、がんを含め「身体の不調が良くなった」
というのがあります。

がんの原因は多岐にわたるため、これだけで治るとは思えませんが
玄米菜食で、砂糖・人工甘味料・食品添加物・ホルモン剤・放射性物質
などの取り込みが減少すれば、治療の助けとなります。

上記の有害物質は、がん以外にも身体の不調の原因となっていることがあるため
玄米菜食(無農薬野菜)で結果的に良くなることがある
ということです。

ただ、一時的に良くなったとしても、上記のデメリットはあるため
長期にわたって続けていると、疲れやすくなり
肌が荒れたり、気分が沈みがちになることがあります。

わたしの知人で、2年近く玄米菜食を徹底していた人がいますが
やはり始めは調子が良かったそうです。しかし、1年もしない内に
体力が衰え、朝が起きられなくなるなど不調を実感するように
なったそうです。

始め調子がよかっただけに、食事のせいだとは思わず
そのまま玄米菜食を続けていたそうですが
ネットで糖質制限の情報を見つけ、実践したところ
まず肌がきれいになり、目覚めが良くなり
数か月も続けていると、体幹の筋肉が付き、体を動かしやすくなった
とのことでした。

11100366_704770782982250_473376172_or.jpg

肌がきれいになったのは、脂質の摂取量が増えたことが原因
と思われます。同様に鉄の摂取量増加で目覚めが
タンパク質の摂取量増加で筋力が改善したものと思われます。

日常生活で必要とされる筋力は、さほど多くなく
しっかりとタンパク質を摂取していれば維持されますが
玄米菜食の生活では筋力が落ちることがあるようです。

糖質制限の食生活なら、肉や魚の摂取量が増加するため
筋力の維持はもちろん特に体幹の筋力が安定し、姿勢が良くなるため
より美男美女にみられる、というメリットもあります。

玄米菜食の、汚染物質の摂取量が少ないというメリットを生かしつつ
食事の糖質量を減らし、肉や魚の摂取量を増やせば
より健康的な食生活になると思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 16:08| Comment(0) | 糖質制限 がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。