2015年11月10日

がんに「ありがとう」と言えば、治る?

「はあ…?」と思われるかもしれませんが
わたしも、同じ気持ちです(笑)。

ネットなどでは、よく出てくる話題ですが
わたしが担当した患者さんでは
そこまでの心境変化をした方がいないので
本当のところは、よくわかりません。

笑い飛ばすのは簡単ですが、それでは学べないので
原因となりそうなところを考えてみると…

心境の変化は、自律神経系の変化を介して
身体の変化になります。

例えば、恐怖を感じた場合、交感神経優位となり
瞳孔が開かれ、鳥肌が立ち(立毛筋収縮)ます。

リラックスしているときは、副交感神経優位となり
血圧が低下し、消化管がよく働きます。

さらに、副交感神経優位のときは
NK細胞活性が高まり、免疫系が正常に機能するため
がんを始め、多くの疾患が改善しやすい状態となります。

がんに恐怖し、戦おうとしている姿勢は、交感神経優位
がんに感謝し、ありがとうと言うのは、副交感神経優位
と考えると
心境の変化により、がんが治りやすくなることが
あるかもしれません。

11194902_709009165891745_1741791170_or.jpg

交感神経優位のときは
アドレナリンなどの作用により、血糖値が上昇します。
高血糖は、がんの促進因子なので
がんは、治りにくくなると考えられます。

いくら糖質制限をしていても
交感神経優位になり、高血糖となるようでは
あまり意味はないですね。
(その後、インスリンにより血糖値は是正されますが
精神状態によっては、再度、交感神経優位になり…)

「ありがとう」と言っていても
恐怖や緊張で、交感神経優位となっていれば
免疫系にも期待できません。

常にリラックスして、笑いの絶えない状態であれば
いちいち、がんに「ありがとう」と言わなくても
改善するかもしれません。

「ありがとう」の言葉は、枝葉の部分で
いつも心穏やかに過ごすこと、が重要であるように思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 14:55| Comment(0) | 糖質制限 がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。