2015年11月13日

太る方が安全

簡単に言うと、人が太るのは糖質を摂るから
ですが、その作用はインスリンによって、もたらされます。

摂取された糖質は、ブドウ糖などに分解され、吸収されます。
その後、インスリンの作用により、脂肪細胞に取り込まれ
中性脂肪に変換されて貯蔵されます。

結果的に脂肪細胞は大きくなり、身体は太ってしまうわけですが
なぜ、わざわざこのような変換(ブドウ糖→中性脂肪)を
行う必要があるかというと
糖がタンパク質を変性(AGE化)させてしまうからです。

つまり、太ることで糖質を隔離し
全身を糖質の害から守っているわけです。

11939910_765102876949040_1223774796_or.jpg

メイラード反応、アミノカルボニル反応ともいわれる
この糖によるタンパク質の変性作用は、老化の一因ともいわれており
酵素(タンパク質)により、体内の化学反応を調整しているヒトにとっては
致命的ともいえる障害作用です。

そのため、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)は常に
厳格にコントロールされており、必要最低限で維持されています。

1日3食の糖質、おやつ、缶コーヒーやスポーツドリンクなど
休みなく糖質を摂取していると
全身が慢性的な高血糖にさらされることになります。

過剰な糖質摂取によるAGE化作用により
血管は老化し(動脈硬化)、柔軟性を失うため
高血圧、脳出血、心筋梗塞などが年齢不相応に起こります。

肌の老化により、しみ、しわ、たるみが起き
脳の老化により認知症になります。

糖質を隔離して、無害な物質に変換するぐらいなら
始めから糖質制限して、必要な栄養素を摂ればいいだけですね。


以前紹介し、妻も使っている化粧品ですが
やはり、非常にいいものでした。

妻は、いわゆる敏感肌で
化学物質により肌荒れしやすく、普段のケアも
市販の化粧品ではなく、オーガニックのオリーブオイル
のみで保湿しているのですが、これは肌荒れもなく使える
とのことです。

それだけ肌にやさしいということなので、使い続けた場合の
肌へのダメージの蓄積は、よくある化粧品に比べて
はるかに小さいのではないかと思います。
5年後10年後に違いがわかるかもしれません。

少しでも身体にいいものを選ぶ人が、世の中に増え
有害な化学物質を含む製品を販売する会社が
身体にいいものを販売する会社に変わればいい、と思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 15:30| Comment(0) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。