2016年01月17日

MEC食で卵アレルギー?

糖質過多な食生活であれ、糖質制限な食生活であれ
忙しい朝食は、単調なものとなりがちです。

糖質制限をしていると、ごはんやパン、バナナなどの
よく朝食として使われる食べ物を摂らなくなり
代わりに、肉や卵、チーズを摂取するMEC食
といわれる食生活に近づくかと思います。

しかし、そこで気になるのが
「毎日同じものを食べているとアレルギーになる」
という話です。

わたしも、以前は卵の食べ過ぎでアレルギーになるんじゃないか
と気にしていましたが、もう1年以上毎日のように卵を食べていますが
特にアレルギー症状はありません。

考えてみれば、毎日同じようなものを食べている野生動物に
食物アレルギーがある、という話は聞いたことがありません。

食物アレルギーの原因は、遺伝性もあるかもしれませんが
多くは人間の住む環境が原因ではないか、と思います。

卵や乳製品などがアレルゲンとなることが多いですが
これら家畜の飼育環境により、食物中に有害物質が蓄積され
それらの有害物質に対して、身体が拒絶反応を示すことが
アレルギー症状ではないか、と考えられます。

となると、まずは汚染度の低い食材を選ぶことが重要になります。

また、食物アレルギーといえば、食べて数十分から数時間で
呼吸困難などの症状が現れる即時型アレルギーが有名ですが
食べて数時間後〜数日後に、湿疹や鼻水、頭痛などの多彩な症状が現れる
遅延型もあります。

即時型は症状が激しく、アレルゲンもわかりやすいため
たいていは子どもの頃に診断がつきます。

遅延型については、大人になってから
身体の不調の原因を、詳しく調べた結果としてわかる
ことがほとんどです。

環境とは別に、ヒトの身体側にある原因として
即時型の原因は、はっきりしませんが
遅延型の原因は、リーキーガット症候群が多いようです。

通常、タンパク質は腸管でアミノ酸に分解された状態で
体内に入りますが、リーキーガット症候群の場合
タンパク質は分解の不十分なペプチドという状態で
体内に入ってしまいます。

そのペプチドに対して、免疫系が過剰な反応を示してしまうのが
遅延型の食物アレルギーというわけです。

ちょっと長くなりそうなので、続きはまた明日ということで…

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 15:36| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。