2016年01月18日

リーキーガット症候群の原因は

遅延型フードアレルギーの原因の多くは
リーキーガット症候群といわれています。

リーキーガット症候群は、簡単にいうと
腸管壁が、身体のバリア機能を果たさなくなり
体内に異物(未消化のタンパク質など)の侵入を
許してしまう状態のことで、その原因はというと
複数あります。

まずは、糖質です。過剰摂取により腸管内で
カンジダというカビの仲間が繁殖するため
腸管壁がもろくなり、リーキーガット症候群に
なります。

また、内服の抗菌薬(抗生物質)は、病原性の細菌だけでなく
腸内細菌も死滅させることがあり、腸内環境を
悪くし、リーキーガット症候群の原因となります。

胃薬も原因のひとつです。
強酸性の胃液は、十二指腸・小腸へと下りていく内に
塩基性(アルカリ性)の膵液などと混ぜ合わされ
適度に中和されますが、胃薬で胃酸を抑えてしまうと
膵液の塩基性が保たれたまま小腸に到達してしまい
腸内が荒れることになります。

他には、その他の薬剤や水道水中の塩素
歯科領域で使用されるフッ素
コーヒーやアルコールなどの刺激物の摂取も
原因となるようです。

今の世の中では、完全に防ぐのは困難かもしれませんが
一つ一つ原因を無くしていくことで、腸内環境は
良くなっていきます。

また、MEC食で卵アレルギーになる、というよりも
腸内環境が悪い状態で、MEC食などの食事をすると
アレルギー症状が現れることがある
といった方がいいように思います。

MEC食が悪いというよりも、MEC食によって
それまで身体を傷めつけていたことが明らかになった
と言った方がいい、ということです。

それまでの生活が乱れていた人は
まずは甘いものを止める、断糖を優先させ
少しずつ食事を変えていく、のがいいかもしれません。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 12:22| Comment(1) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも読ませてもらっています。質問があるのですが、野菜と果物の栄養は細胞壁に囲まれていて人間はその栄養を殆ど吸収できないと書いているんですが本当でしょうか?
Posted by RIO at 2016年01月19日 11:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。