2016年01月20日

2歳までの子どもに

今回もコメントから。

「いつも読ませてもらっています。質問があるのですが、野菜と果物の栄養は細胞壁に囲まれていて人間はその栄養を殆ど吸収できないと書いているんですが本当でしょうか?」

コメントありがとうございます。
「人間はその栄養を殆ど吸収できない」
というのは、少し言い過ぎのように思います。

確かに植物の細胞は、細胞壁に囲まれており
ヒトがその主成分であるセルロースを
分解することはできません。
そのため、動物性食品に比べると
植物性食品からの栄養摂取は困難である
といえます。

しかし、野菜など繊維質なものは
食事の際に、たいてい良く噛んで食べますから
物理的に、多少は細胞壁が破壊されます。

そして、それ以上に有用なのが腸内細菌です。

こちらの記事でもお伝えした通り
植物性食品だけでも、しっかりと栄養吸収ができている
と思われる人たちがいます。

そういう人たちは、2歳までの間に
植物の細胞壁(セルロース)を分解できる細菌を
腸内細菌として、体内に住まわせている割合が高い
と考えられます。

ヒトと同様に草食動物も
自分で植物を消化できるわけではありません。
腸内細菌に分解してもらって吸収しているので
ヒトが、玄米菜食で十分な栄養を得るためには
腸内細菌の活用が必要と考えられます。

肉や魚だけでなく、野菜などの植物性食品からも
十分な栄養を吸収するためには、子どもの頃から
自然の中でしっかりと土に触れ、豊かな腸内細菌叢を
形成していることが重要です。

同じような食生活をしていても、人によって結果が違うのは
それぞれの腸内細菌の割合が影響していると
わたしは考えています。

〇か×かではなく、数百種類もの腸内細菌の分布が
ヒトの栄養吸収における個性をグラデーションのように
変化させている、ということです。

話は変わりますが、今日のお昼に
いいことを聞いたので、シェアしますね。

うちの医局には、女性の先生が何人かいるんですが
そのうちの一人が、今4人目を妊娠しています。
やはり妊婦さんなので、食事には気を遣っているそうですが
最初は飲み物にも困っていたそうです。

紅茶や緑茶のカフェインは気になるけど
みんなとしゃべっていて、自分だけ水っていうのも…
と探していたら、このオーガニックハーブティー
を見つけたそうです。
それ以来、妊娠中でなくても飲むようになったそうです。

聞いたことのない会社でしたが、よく見ると
原材料からきちんと管理していて信頼できそうです。

こういう会社がもっと増えればいいかなと思い
妻用に妊活ブレンドと、わたし用にたんぽぽコーヒー
を注文しました。
(コーヒーは、ついつい飲んでしまうので…w)
届くのが少し楽しみです。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 14:49| Comment(0) | 糖質制限 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。