2016年01月21日

何科?なぜ医師に??

コメントの紹介が遅れていますが、順にご紹介します。
今回は、ただの雑談ですので、ご興味のない方はスルーしてくださいね。

「先生、こんばんわ(^_^) 診察そしてブログの更新ご苦労様です。 先生は、内科医ですよね? 先生は、なぜ医師になろうと思ったのですか? 外科や歯科などありますが先生は、なぜ内科医になったのですか?(^_^) 糖質制限とは関係ないのですがお話し聞かせて頂ければと思います(>.<) 宜しくお願いします。 」

コメントありがとうございます。
まあ、診察もブログも好きでやってることですから。

すみませんが、何科の医師かについては、ご想像にお任せします。
いろいろと情報を出していく中で、個人が特定されないとも限りませんので。
(ちなみに、歯科は歯学部を出ないとなれませんm(__)m)

医師になろうと思ったのは、単純に学校の成績が良かったのがきっかけです。
「勉強ができるから、将来は医者か弁護士?」などと友人に聞かれることもあり
そういうもんなのかな〜と漠然と考えていました。
小学生のときは、弁護士のようにしゃべるのは苦手だから
医者になろうか、と考えていました(笑)。
当時から、話すよりも書く方が好きだったように思います。

中学のときに、医療系のドラマを見ていて
命の危機にある身近な人を救えるのは、医者だ
(自分が治療できなくても、知人を頼れば有名な先生に診てもらえるはず…)
と考え、医学部に進むことを決めました。

研修医の初期研修が終わるときに、受け持った末期がんの方から
「あんたみたいな優しい先生はおらん、このまま立派な医者になってくれ」
と涙ながらに言われ、衝撃を受けました。

身近な人を救うために医師になろう、と思っていましたが
出会う患者さんすべてを救える医師になろう、と強く思いました。

自分のことしか考えていなかった子どもが
やっと周囲に目を向けるようになった、という話なので
お恥ずかしい限りです(笑)。

しかし、実際に一人前の医師になっても
全員が救えるわけではありません。
一人が良くなっても、また次の日には別の人が入院する
ということもあって、治療だけでは限界を感じていました。

様々な本やネットの情報などを検討していく内に
重視すべきは予防医学であって、その要となるのが
食事であると思うようになりました。

そして、よい食事を広めるだけなら
診察にこだわる必要はなく、ネットでも可能なのでは
と始めたのが、このブログです。

「糖質制限で体調が良くなった」とコメントをくださる方もいて
出会った患者さん以外の方も救えたことが、本当に嬉しかったです。

まだまだ知識不足で間違いもあると思いますが
今後も、知っている限りのことはお伝えしようと思います。
よろしくお願いします。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 15:00| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。