2016年01月24日

難消化性デキストリンについて

昨日の記事でコメントをご紹介した方。
わたしのご紹介が遅くなったので、少し行き違いになってしまいました。

「食事について書かせていただいてとても気持が落ち着きました 前回のは他のかたにも参考になるならだしていただいてもとおもいますが。ほんとうによくわからないことを書いてしまった気がするのです。読みなおすことができませんので 奥さまのお料理参考に作らせていただいております ありがとうございます」

コメントありがとうございます。
ご紹介が遅くなってすみません。

ご自身の食事について書いたり、その内容を記録するだけでも
客観的にチェックしやすくなるのでお勧めします。

同じ方。

「ありがとうございます。野菜についてコレステロールについて先生に教えていただくとほんとうによくわかります ひとつ教えていたただきたいのですが難消化性デキストリンについてです いまトクホのものとかにもすごくつかわれていますが。血糖値があがりにくいとか食物繊維であるとかいわれてすがとうもろこし由来でのんでみると結構甘いです ファイバーと言う名前でドラッグストアーでたくさん売られています。血糖値はわかりませんがたしかに腸には効いている感じがします なにかご高察あればお願いいたします」

コメントありがとうございます。
わたしは、難消化性デキストリンは、お勧めしていません。
すみません。

難消化性デキストリンは、純粋な水溶性食物繊維です。
腸内細菌の餌となるので、「腸には効いている感じ」があるのは
確かにその通りだと思います。
それ自体は、別に悪いことではありません。

しかし、純粋な物質というのは過剰摂取になりやすく
食事のバランスを崩してしまいがちなので
使い方に注意を要します。
難消化性デキストリンも、人によっては腸内細菌叢が
荒れることもあるようです。

水溶性食物繊維は、ワカメ、昆布、ヒジキなどの海藻類に
多く含まれるので、そういった食材から摂取したほうが
ゆっくりかもしれませんが、安全に体調を整えられる
と考えています。

また腸内細菌を育てるには、(発酵)バター、チーズ、納豆などの
発酵食品も重要です。
納豆には水溶性食物繊維も豊富です。

難消化性デキストリンの問題点は、「とうもろこし由来」
というところにあります。
安価な材料として使用されるのは
ほぼ間違いなく遺伝子組み換えのトウモロコシなので
長期内服で発がん性のリスクがある、と思います。

以上より、難消化性デキストリンは
人によってはメリットがあるかもしれませんが
発がん性が疑われるため、お勧めしていません。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 15:48| Comment(1) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございました やはりあまりよくはないのですね これから気を付けたいと思います お忙しいところすぐにお返事いただきまして感謝しております
Posted by ぴかこ at 2016年01月25日 11:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。