2016年01月29日

腸のための糖質制限

昨日の記事の続きです。

ヒトが、鉄をミネラルとして吸収・利用するためには
三価の鉄(Fe3+)ではなく、二価の鉄(Fe2+)という形に
還元されている必要があります。

乳酸菌やビフィズス菌などの腸内細菌は
自身の繁殖のために、食物中の三価の鉄を
利用(還元)しており、その余りを
ヒトが吸収しているものと思われます。

腸内環境が改善し
乳酸菌やビフィズス菌の働きがよくなることで
ヒトの鉄の吸収効率は高くなる、ということです。

乳酸菌やビフィズス菌の飲料などもありますが
これらの菌が生きた状態で腸に届いたとしても
2歳頃までに腸内細菌叢は完成しており
定着するのは難しいようです。

すでに持っている腸内細菌を育てる形で
腸内環境を良くすることが重要です。

まずは、甘いものやその他の有害なものを
できるだけ排除します。
そして、納豆や味噌などの発酵食品や
海藻類(水溶性食物繊維)などの
腸内細菌の餌となるものを意識的に摂取するといいです。

腸内環境の変化には、数か月はかかるようです。
そのため、栄養を補給しながら行える
糖質制限系の食事法(+腸内細菌の餌)
が適切と考えています。

糖質制限で糖化を防ぐことは可能です。
というより、わたしはそれが一番の目的で
糖質制限をしています。

糖質制限により、確実に「糖化した肌が治ったり」する
とは言えませんが、予防は可能です。
「肌がきれいになった」という報告は多いです。
病気などでもそうですが
治療よりも予防の方が、簡単で低コストです。

全ての人に、とは言いませんが
栄養を補給しながら行えるので
多くの人に糖質制限は有効である
と考え、このブログでお勧めしています。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 13:28| Comment(1) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させていただいてます。
客観的な内容でとても参考になります。

10年ほど前に仕事で東京に転勤になりその頃から生理がこなくなりました。
その頃太りたくなくてかなり食事を制限し始めました。

動物性タンパクと脂をほとんど摂らない生活を続け38キロ(162p)まで落ちました。

1年ほど前から食事をMECに変え今は凄く体調が良いです。

MEC食で生理が来たというのをよく聞きますが全くありません。

10年以上病院に通いホルモン薬も飲んでます。

子供がほしい訳ではないのでむしろ楽なのですが普通じゃないですよね。

今43歳です。

もし何かコメントがありましたらお願いします。

これからもブログ楽しみにしてます。

Posted by とも at 2016年01月30日 18:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。