2016年02月01日

無月経とMEC食

今日はコメントいただいてます。

「いつも拝見させていただいてます。 客観的な内容でとても参考になります。 10年ほど前に仕事で東京に転勤になりその頃から生理がこなくなりました。 その頃太りたくなくてかなり食事を制限し始めました。 動物性タンパクと脂をほとんど摂らない生活を続け38キロ(162p)まで落ちました。 1年ほど前から食事をMECに変え今は凄く体調が良いです。 MEC食で生理が来たというのをよく聞きますが全くありません。 10年以上病院に通いホルモン薬も飲んでます。 子供がほしい訳ではないのでむしろ楽なのですが普通じゃないですよね。 今43歳です。 もし何かコメントがありましたらお願いします。 これからもブログ楽しみにしてます。」

コメントありがとうございます。

投稿者さんはともかく
摂食障害(拒食症など)の患者さんなどで
体重減少の結果、生理がこなくなることは
よくあることのようです。

妊娠・出産ほどではありませんが
月経も身体への負担が大きいため
十分に栄養が蓄えられていないと困難になります。
(生存、という重要な目的のために、いったん機能停止している状態)
月経があればいい、という問題ではなく
無月経になるほど体力が落ちているということが問題
ということです。

ホルモン療法を続けてこられたとのことなので
卵巣の機能は、ある程度保たれていると思いますが
現状維持が目的だったかと思います。
(必要な栄養が満たされていないと
薬剤で月経を無理に誘発しても
身体に負担をかけるだけですから)

MEC食に変えられたのは、非常に良い選択だったと思います。
動物性食品から、しっかりとタンパク質、脂質、鉄を
補給でき、体力が回復しつつあると思います。

月経が回復するか、は標準体重近くまで体重が戻っているか
ということが目安になり、例えば、身長:162cmで標準体重は
BMI:22とすると約57.7kgですが、現在の体重はいかがでしょうか。
ここまではなくとも、40kg台後半〜は
あって欲しいところです。

MEC食は栄養補給に特化しているので
今後、月経が再開する可能性もあると思います。

無月経の場合、あまりフェリチン(貯蔵鉄)は
低下していないかもしれませんが
月経が再開したときのために
確認しておくのもいいかもしれません。
(100ng/mL以上が理想的です)

長期間の無月経でエストロゲン低下による
骨粗しょう症の恐れがあるので、MEC食に加えて
カルシウム、マグネシウム、ビタミンDが摂取できる食材
を取り入れてみてはいかがでしょうか。

具体的には、しらすや桜エビ、いわしなどの魚介類
ノリやワカメ、コンブなどの海藻類がお勧めです。
ビタミンD生合成のため、日光浴もいいですね。

体調の改善が続くことをお祈りいたします。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


ラベル:妊娠 MEC食 無月経
posted by ted at 11:49| Comment(1) | 糖質制限 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変参考になりました。
まだ40キロくらいです。
標準体重ですか…まだまだです^^;

ご指摘の通り骨の数値も低いのでお薬を処方されてます。

普段の食事も一層気をつけます。

もう少し気長に続けていこう思います。

これからもブログ拝見させていただきます。

ありがとうございました。

Posted by at 2016年02月01日 19:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。