2016年02月19日

高血糖の記憶と魚の目

Facebookを見ていると、高血糖の記憶
という言葉が話題になっていました。

江部康二先生が、以前から言われていた概念ですが
簡単にいうと、傷は治っても傷あとは治らない(悪化していく)
ということです。

いったん糖尿病になる(高血糖が続く)と
その後、血糖値をしっかりとコントロールしても
心筋梗塞や脳卒中などのリスクは低下しない
という研究結果があります。

心筋梗塞や脳卒中は、主に動脈硬化が原因で起こりますが
動脈硬化とは、高血糖によるAGEの沈着などで
血管が炎症を起こし、血管の内壁が厚く硬くなることです。

血管壁の内側が厚くなることで、詰まりやすくなり(心筋梗塞)
また、柔軟性がなくなり硬くなることで、切れやすく(脳出血)
なります。

さらに高血糖がなくなっても
沈着したAGEが悪影響を与え続けるため
動脈硬化は改善せず、悪化することがある
ということです。

けがをしたときでもそうですが
浅い傷であれば、傷あとは残りませんが
深い傷であれば、少し盛り上がった硬い傷あとが
残ることがあります。
(傷の修復は常に完璧、というわけではありません)

血管も同様に、高血糖が長く続くと
内側がデコボコした厚く硬い血管壁となり
後々になっても、詰まりやすく切れやすい傷あと
として残るということです。

皮膚も血管内壁も、扁平上皮細胞という細胞で
構成されていますので、似たような反応になる
と考えられます。
(単層か重層かという違いはあります)

皮膚で原因が残っているために悪化し続ける例として
魚の目が挙げられます。
周囲が厚く硬くなっており、芯が残っている限り悪化します。
歩行という圧力が、血管でいうところの血圧に相当し
芯の部分が自然に排除できない箇所に追いやられています。

ちなみに、動脈硬化の原因は糖質以外にも
植物性油脂(トランス脂肪酸)、アルコール、タバコ
なども指摘されています。
異物・発がん性物質は体内で炎症を起こしやすい
ということですね。

糖質制限しても体調が悪い、という方は
そういう点にも注意してみてもいいかもしれません。

糖質制限が流行しても
高血糖の記憶を持つ人々が多いうちは
心筋梗塞や脳卒中の発症率は、なかなか下がらない
かもしれませんが、わたしたちの子ども世代には
心筋梗塞や脳卒中がほとんどいない
という状態にしてあげたいですね。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 13:30| Comment(0) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。