2016年03月02日

動物性食品が苦手なのは

今日もコメントから
昨日ご紹介できなかった方です。

「初めまして。 糖質制限食に関心を持ち、数冊の本を読みました。でも、なかなか実行せずにおりましたが、ひと月程前に先生のブログに出会い、それを機に自己流で糖質制限食を始めました。 今日の記事で、動物性のタンパク質や脂肪を摂ることが大事ということなのですが、私はもともと肉や魚があまり好きではありません。その分、大豆製品をたくさん食べるようにしていますが、それではだめでしょうか。 幸いに、糖質を制限するのは苦ではありません。糖質制限に関心を持ったのは、3年前に乳がんになり、術後の再発を防ぎたいことと、精神的にもっと意欲的になりたいからです。なんとなく不調がちで、物事に対する意欲が湧きません。 一般的なガンの食事療法は、動物性食品を控えることに重点が置かれていますが、肉や乳製品、魚を制限することも苦ではありませんでした。大量の野菜と果物、大豆製品と主食というガン治療食を3年間続けて、栄養解析という血液検査を受けたら、「顕著な栄養障害が見受けられる。」という結果が出ました。 糖質制限食もガン治療食も、割と楽に出来るのですが、動物性食品を摂取するのが少し辛いです。どうしたら良いでしょうか。肉は鶏のムネ肉、ササミなら割と美味しく食べられます。他の肉も絶対にダメということはありませんが苦手です。食後に気持ちが悪くなることが多いです。 お忙しいのに申し訳ありません。もしよろしければお教えくださいませ。」

コメントありがとうございます。

以前ご紹介した方もそうでしたが
「野菜と果物、大豆製品と主食」という
植物性食品主体の食生活では、栄養障害を起こしやすく
特に、タンパク質と鉄(調べれば亜鉛なども)欠乏が
よくみられます。

「意欲が湧きません」というのも
そういった栄養障害が影響している可能性があります。

意欲に関与する神経伝達物質は
セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンですが
その材料となるのがトリプトファンなどのアミノ酸なので
タンパク質の摂取不足により
意欲低下が引き起こされることがあります。

また、上記の神経伝達物質は
トリプトファンやチロシンなどのアミノ酸から
生合成されますが、その生合成反応の触媒として
重要なのが鉄であるため、鉄不足によっても
意欲低下が起こりえます。

脂身の多い肉を食べると、食後に気持ち悪くなる
ということでしたら、化学物質等に対する感受性が
非常に強い可能性があります。

現代の畜産においては、飼料として
遺伝子組み換え作物が使用されていたり
抗生物質や、海外ではホルモン剤なども使用されており
そういった物質の中で脂溶性の有害物質は、主に
家畜の体脂肪に蓄積するといわれています。

牛や豚などの体の大きな家畜ほど
有害物質は濃縮されているため
不快感が現れやすいのかもしれません。

鶏肉でしのぐ、というのも一つの手ではありますが
さすがに飽きてしまうので、ときに
化学物質汚染の少ないエゾシカや猪などのジビエや
グラスフェッドビーフ(穀物ではなく牧草で育てた牛)
などを試してみてはいかがでしょうか。

少し高価ですが、最近ではネット販売も多くあります。
「普通の肉はダメだけど、ジビエは食べられる」
という方も実際にいます。

魚介類においても同様なので
鮮度の良い、天然の小魚であれば
美味しく食べられるかもしれません。

できるだけ自然のもので改善していくのが良い
と思いますが、すぐに結果がほしい場合や
経済的にちょっと難しい場合は
プロテインパウダーや鉄のサプリ等で
必要な栄養を補う方法もあります。

植物性食品だけで健康を維持できる人も
いるようですが、ほとんどの人は動物性食品なしでは
栄養障害・体調不良を引き起こします。
少しずつでもよいので摂取するよう意識された方が良い
と思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 14:49| Comment(1) | 糖質制限 がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生、お忙しい中、ご丁寧なご回答をくださいまして、ありがとうございました。
思い当たることがたくさんあり、少しずつ改善して、心身ともに元気になれるように頑張ろうと決意を新たに致しました。
先生のブログに出会ってから、糖質制限とともに、乳がんになって、ほとんど口にしなかった鶏肉や豚肉、魚を少しずつ増やしています。先生のおすすめの水素水も飲んでいます。
まだひと月弱しか経っておりませんが、体のどうしようもない怠さは無くなってきました。目ヂカラも出て来ました(笑)。ビックリです。2年間ほど、ゲルソン療法をしていて、大量のにんじんジュースを飲んだせいか体温が低くなってしまい、その後、厳密な菜食をしていたので、身体もビックリしているかも知れませんが、体温も上昇して来たので、自信を持って続けて行こうと思います。私の場合は、糖質制限は楽なのですが、ポイントはお肉です。適当な量が食べられるようになるまで、プロテインや自然な飼料で育てられたお肉を利用したりして、体を慣らして行こうと思います。
これからも先生のブログを指標にして参ります!お忙しいことと存じますが、ブログのアップを楽しみにしております。

Posted by 森の花 at 2016年03月04日 12:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。