2016年03月10日

育児における糖質制限

今日はこちらでコメントをご紹介した方から。

「お米について質問した者です。 すぐに回答ありがとうございました!なかなかお礼をコメントできず申し訳ありません。 先生の表現、とても好きです。すんなり納得できました。子供の自然な感性に任せて、欲しいなら食べられるように用意していこうと思います。野菜やお米を残してもイライラしなくなりそうです。 お砂糖たっぷりのお菓子やジュース、スナック菓子は大人も子供も控えたいものです。自ら欲しないような身体になってほしいと思います。」

コメントありがとうございます。
わたしのコメント紹介も、マイペースなのでお構いなく(^^)。

さて、子どもの感性を信用するのは
多くの場合、大人よりも子どもの方が感性が鋭い
と考えられるからでもあります。

例えば、味覚細胞は大人の1.3〜2倍あり
子どもが苦みや酸味を好まないのは、このためであると
いわれています。

子どもが野菜を好まないのは
肉食中心の雑食動物であるヒトの本能によるもの
かもしれませんが、その鋭い味覚により
野菜の残留農薬に反応しているため
かもしれません。

普段は野菜嫌いでも、実家に帰ったときに
おじいちゃんの作った無農薬野菜は、よく食べる
という子もいます。

また、肉や魚でもそうですが、野菜の場合も
鮮度により味は大きく変化します。

苦みや酸味も楽しめるように味覚を育てる
という視点も重要ですが
子どもの感性の鋭さに配慮する、という視点があれば
野菜を残してもイライラせずに済むかもしれません。

注意していただきたいのは
子どもは苦みや酸味を避けるあまり
甘いものを選択しやすい、ということです。

大人が、「甘やかしてしまう」と
子どものうちに、甘いもの依存が形成されてしまいます。
その鋭い味覚に対して、砂糖や人工甘味料といった甘みは
刺激が強すぎるため、味覚障害の原因となります。
(同様の理由で化学調味料など、だしの素も
味覚障害の原因となる恐れがあります)

甘いものに慣れてしまうと
たいていの食材の甘みを感じ取れなくなります。

可能な限り、甘いものなしで生活していれば
カボチャやイモ類などはもちろん
玉ねぎやニンジン、大根などからも
十分な甘みを感じ、満足することができます。

砂糖や人工甘味料は不自然に甘いため
子どもの内から避けていれば、好んで食べることはなくなる
と思います。

すべて無農薬の野菜というのは難しいですし
わたしもそこまでしようとは思いませんが
砂糖や人工甘味料、化学調味料などは
可能な限り0に近づけたいと考えています。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


posted by ted at 14:15| Comment(0) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。