2016年03月20日

ダイエットと運動の微妙な関係

ダイエットの手段として、運動は
ほとんど効果がありません。

もちろん、運動してはいけない
というわけではなく、運動が好きな方や
筋肉をつけたい方には、おすすめです。

ただ、ダイエットの場合
基本的に食事により行うのが適切で
ダイエットの手段としては、運動は不適切
ということです。

そもそも、運動により消費されるエネルギーは
たかが知れており、何kgも痩せようと思うと
かなりの長時間を要します。
仕事や家事に忙しい方には
その時間を確保するのも困難なため
多くの方がダイエットを諦めることになります。

また、わたしが診ている患者さんの中には
100kgを越える方もおり、そういう方が
運動により痩せようとすると
膝や腰を痛めてしまう危険性もあります。
(運動に慣れていないためフォームの悪さもあります)

まずは、カロリー0の人工甘味料なども含め
甘いものを一切摂らないなどの
糖質制限を中心とした食事改善が適切と考えます。

糖質を摂取しなければ、ブドウ糖が
インスリンにより体脂肪に変換されず
体脂肪の増加は、ほぼなくなるので
標準体重に向けて
体重も徐々に減少することになります。

普段、糖質の過剰摂取により仕方なく
体脂肪に変えていた糖質が減少するため
身体は、適切な体脂肪量にするため
優先的に体脂肪を分解・消費します。
それと呼応して、摂取した動物性脂肪などの脂質は
腸管からの吸収が抑えられ、不要な分は排出されます。

さらに、肉・魚・卵・チーズなどの動物性食品を
しっかりと摂取することで
タンパク質・脂質・鉄が十分に補充され
筋肉量は維持されます。
低体温や冷え症が改善するなど基礎代謝が向上し
痩せやすい体質となります。

ここまでやれば、ほとんどの方は
標準体重になるまでダイエット効果を感じる
と思いますが、まれに女性の方で
それでも痩せないという方がおられます。

しっかりとタンパク質を摂取していれば
普段の仕事や家事などの活動で
必要な筋肉量は維持されますが
そういった活動量が少ないと筋肉量が少なく
基礎代謝が低いため、食事改善によっても
効果が得られにくい可能性があります。

そういう方は、意識的に運動をする必要があります。
といっても長時間の運動は必要ではなく
ヨガのようなインナーマッスルを刺激する運動を
短時間でも続けることで基礎代謝が向上し
痩せやすくなります。

ダイエットをする上で、運動は必ずしも必要ではなく
日常生活で不足しがちであれば補う
という程度で構わない、と考えています。

運動する、しないは枝葉の問題で
何より重要なのは、「現代人は運動不足」
と思い込まされているために
最も重要な食事の問題点に
気づかない危険性があることだと思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


posted by ted at 22:39| Comment(0) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。