2016年03月21日

がんは身体を守っている?

タンパク質や脂質は
摂り過ぎが問題になることは、ほとんどなく
糖質は、摂り過ぎると
ほとんどが体脂肪に変わる、ということは
以前の記事でもご紹介しました。

数百万年に及ぶ、人類の長い歴史上
タンパク質や脂質は摂り過ぎることがあったため
ヒトには、自然に摂取量を調整する機能が備わっており
摂り過ぎて体調を崩すということは、ほぼありません。
むしろ、タンパク質や動物性脂肪を
大量に摂取できる環境下で
身体が必要な量に調整する
というのが標準仕様だったわけです。

しかし、糖質については、現代のように
「分解・吸収されやすい形の」糖質が
「簡単に手に入る」ことは、これまでになかったため
自然な形で摂取量を調整する方法がありません。

糖質は、必要以上に存在すると
タンパク質を変性し、身体に害を及ぼすため
身体は、仕方なくブドウ糖を動物性脂肪という
無害な形に変えて、体脂肪として蓄積しますが
これも続くと、運動能力の低下として
身体に害を及ぼします。

そのため人によっては、有り余った糖質を
別の形で処理しようとします。

例えば、腎臓でのブドウ糖の再吸収を抑制し
尿として排出します。
これは不自然な状態であり、医学的には
糖尿病といわれます。

さらに、糖質の過剰摂取が続くと
酸素も必要とせず、ブドウ糖を大量に消費しつつ
ほぼ永久に増殖し続ける細胞を作り出します。
これも不自然な状態であり、医学的には
がんといわれます。

がん細胞は、宿主であるヒトが過剰に摂取した糖質を
文句も言わず(笑)ひたすら消費し、増殖します。
この様子は、PETという検査により
画像的に確認できます。

糖尿病にしても、がんにしても
発病する原因は、他にもあると思いますが
少なくとも糖質を過剰摂取しているヒトにとって
糖尿病やがんが、糖質からヒトの身体を守るシステム
として機能している、といえます。

しかし、そういったシステムを
非常手段として用いたところで
糖質の過剰摂取が収まらなければ
ヒト本体が倒れるのも時間の問題
となります。

また、そういった非常手段を用いてから
食事を、ヒトにとっての標準である
糖質制限に戻したところで、どこまで
身体の機能が戻るかは分かりません。

重要なのは、非常手段を用いることのないよう
普段から、食事をヒトにとって負担の少ない
糖質制限にすることだと思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


ラベル:がん 糖尿病 糖質
posted by ted at 21:21| Comment(0) | 糖質制限 がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。