2016年03月24日

糖質が内臓を壊していく

糖質の過剰摂取、もしくは
砂糖や果糖ブドウ糖液糖(異性化糖)などの
吸収されやすい形での糖分の摂取は
血糖値を急上昇させ、身体にさまざまな害を及ぼします。

血糖値の急上昇は、血糖値を下げるホルモンである
インスリンの大量放出を引き起こします。
大量のインスリンは、血糖値を急低下させ
一時的に低血糖となることがあります。

低血糖症状としては、眠気・頭のぼんやりした感じ
意欲の低下、気分の落ち込みなどがあり
昼食後に、仕事の能率を下げる一番の要因と考えられます。

低血糖に対して、身体は血糖値を上げるホルモンである
グルカゴン、アドレナリン、コルチゾール、甲状腺ホルモンなどを
放出し、血糖値は基準値である100mg/dL程度に収まります。

糖質の摂取量が少なかったり
砂糖や異性化糖を摂取しなければ
インスリンの大量放出にはならないので
低血糖になることは、まずありません。

しかし、現代では砂糖や異性化糖をはじめ
糖質の多くは、安く大量に手に入ってしまいます。
そのため、意識的に糖質制限をしていないと
容易に血糖値の乱高下を引き起こしてしまい
その度ごとに、ホルモンを産生する臓器に
負担をかけてしまいます。

糖質過多な食生活をしている人が
よく陥ってしまうのは、副腎疲労で
これはコルチゾールを分泌している副腎が
砂糖や異性化糖による低血糖に対応している内に
疲弊し、機能低下を起こしてしまう病態
と考えられています。

わたしは、同様に、甲状腺機能低下症も
低血糖に対応していく内に甲状腺が疲弊し
機能低下したものではないかと考えています。

また、1型糖尿病の一部も同様ではないか
と考えています。
自己免疫性疾患や遺伝性といわれることもあり
劇症型も存在するので、すべてがそうだとはいえませんが
糖質過多に対して、インスリンを大量に放出することを
繰り返した結果、インスリンを放出する膵臓のβ細胞
が疲弊し、機能低下したとしても不思議はありません。

医師となり、様々な人を本気で救いたいと
考え、行動してきましたが
医師であっても病気を必ず治せるわけではありません。
機能低下の程度によっては治らないことも多々あり
治療よりも予防の方が簡単だと思うこともあります。

人によって臓器の強さ、糖質に対する耐性は違いますが
重要なのは、身体に余計な負担をかけないということで
現代社会において
血糖値の乱高下を引き起こさない糖質制限は
身体にやさしい、自然に近い食生活である
と考えています。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


posted by ted at 17:36| Comment(0) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。