2016年04月01日

傷んだタンパク質を補修する方法

今回はコメントを2件いただいています。
昨日の方の返信だと思います。

「大変参考になります。 食事は楽しみの一つですから、無理なく悪い物を減らしていくようにします。 これからもブログ拝見させていただきます。 ありがとうございました。」

コメントありがとうございます。
ダイエットや健康も大事ですが
日々の暮らしの楽しみは、少しでも多い方が良いですね。

次の方。

「いつも情報ありがとうございます。 このサイトを参考に、断・砂糖、断・甘味料をメインに、アレンジとして自宅筋トレを取り入れながら理想の体型を目指しています。 しかしお付き合いなどで、やむを得ずスイーツを食べたり、過食気味になってしまった翌日は、どうしたもんでしょうか? 食べる内容で帳尻合わせすべきなのか、昨日のことはなかったことにして普段通りにすべきなのか。 アドバイスいただけると幸いです。」

コメントありがとうございます。

ある程度の筋トレは、若返りホルモンといわれる
マイオカインが筋肉から放出されるとのことで
動脈硬化や認知症の予防効果が期待でき
おすすめです。

わたしも、やむを得ずスイーツなどを
食べるときはあります(笑)。

しかし、例えば翌日の糖質量を0にしたところで
前日に受けた糖質の害(タンパク質の変性・AGE化)
が帳消しになるとは思えないので
翌日から普段通りの食事をしています。

必要なものを補給する、と考えても
糖質により傷んだタンパク質を補修するため
肉や魚などの動物性食品を摂り、アミノ酸を補充し
自然ときれいなタンパク質に置き換わるのを待つ。
マグネシウムなどのミネラルを補充するために
海藻類もしっかり摂る。

ということで
結局、いつも通りの食事になりそうです。

糖質制限食・先住民食は、普段から使える
身体を補修する食事ということですね。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


posted by ted at 16:23| Comment(1) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4/1の記事でアドバイス頂いた者です。
早々にありがとうございました。
断砂糖を継続しつつも、あまり神経質になりすぎず
健康的に理想の体型を目指したいと思います。
これからもブログ楽しみにしています。
Posted by at 2016年04月04日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。