2016年04月06日

その前提、間違ってますよ

例えば、虫歯は、口の中に存在するありふれた細菌が
ブドウ糖・果糖・砂糖を分解して生成した酸により
歯のエナメル質を溶かしてしまうことをいいます。

つまり、ブドウ糖・果糖・砂糖を摂取しなければ
たとえ歯磨きをしなくても
歯のエナメル質部分が虫歯になることはない
ということです。

実際、先住民族や野生動物に虫歯はありません。

「ブドウ糖・果糖・砂糖を摂取する」という
健康上、間違った前提があるために
「1日3回しっかり歯を磨かないといけません」
「お口の中を殺菌しましょう」
という間違った常識が生まれてしまいます。

また、「動物性脂肪が身体に悪い(発がん性がある)」
といった常識も
「抗生物質や遺伝子組み換え飼料、ホルモン剤など
を与えられた家畜動物の動物性脂肪を摂取する」
という前提においてのみ成立する内容に過ぎません。

論文を読んだり、情報を集める際には
どのような前提において得られた結論なのか
ということや、情報の発信者に偏見はないか
(結論ありきで進められていないか)
利害関係はどうか、といったことを
意識の片隅に置いておく方が安全です。

ちなみに、歯周病で歯茎が下がっていたり
歯が欠けると、歯の内側の象牙質が露出するので
米や小麦などのデンプンを唾液により分解した
麦芽糖という糖でも虫歯になってしまいます。
(これも前提違いですね)

また、虫歯予防には歯磨きは不要ですが
口臭予防には歯磨きは必要です。
磨き過ぎも歯茎が下がる原因になるので
1日1回ほどで十分のようです。

その前提が正しいかどうか
自分の状況や今後の希望と合っているかどうか
は意識していないと見落としてしまう
隠れた重要情報ということですね。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


posted by ted at 16:17| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。