2016年04月19日

防災対策に栄養医学を生かす

熊本を中心に大きな地震があり
何を書くべきか少し考えていました。

被災された方の役に立つような情報
例えば、水や食料の供給されている場所
などをシェアすることも考えましたが
すでに詳しい情報が回っているのに加え
今、本当に困っている人が、わたしのブログを読むだろうか
読んだとしても上記のような情報を求めて、ではないはず
と考え、栄養医学的観点から「わたしならでは」の
防災対策について書くことにしました。

被災し、食べるものにも困っている内は
当然、糖質制限は困難です。
栄養のバランスが悪くなるのも仕方ない状況なので
そこは気にせず、まずは命をつなぐための
食料を確保することが重要です。

わたしが保存食として自宅に置いているものとして
玄米、パスタ(乾麺)もあります。
普段はあまり食べませんが、長期保存に適しているので
非常食として有用ではないかと思います。
(カセットコンロが必要なのが少し困りますが…)
もちろん、乾パンなどもいいと思います。

さいわい、糖質の害は、眠気や頭痛、身体のだるさなど
すぐに現れる影響は、ささいなものなので
一時的な避難生活であれば問題になることは
少ないかと思います。

糖質の害は、長期的なものとして
タンパク質のAGE化(変性)作用がありますが
短中期的なものとして
ビタミンB群、ミネラルの消費が激しくなる
ということがあります。

一時的とはいえ、糖質過多な生活になるので
マルチビタミンサプリも保管してあります。
これも普段は飲みません(笑)。
ミネラルは海水塩、梅干で補います。

タンパク質や脂質は十分に用意するのは困難なので
アタリメ(スルメ)や缶詰で、かさばらない程度に
置いています。

水は、飲み水が10Lほどですが
もう少しあってもいいかと考えています。

防災対策は、普段はどうしていいか分からず
いざというときには、「もっとしておけばよかった」
と思うものです。
ある程度準備できたら、あとは普段の生活を整え
身体を強く健康に保てるように努めるのが良い
と思います。

多くのものがあることよりも
非常事態でも健康な身体でいられることが
一番の防災対策になる、と考えています。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


posted by ted at 16:51| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。