2016年04月29日

脱水と病気の予防

今日は、コメントを2件いただいています。

「いつもためになる記事をありがとうございます。 >血管壁の炎症は、コレステロールにより自然治癒するため 糖質の過剰摂取や植物油の多用をする食生活では 肝臓はコレステロールを通常より多めに合成し 血液検査上、コレステロールは高値となります。 まさにそういうことだったのですね。 目からウロコです。」

コメントありがとうございます。
はい、そういうことです。

そのため、血液検査の結果を見れば
どのような食生活をしているかは
およそ見当がついてしまいます(笑)。

ほとんどの医師は、血液検査を
病気かどうか、異常があるかないか
の指標程度にしか利用していませんが…(^^;)

「血がドロドロになって詰まりやすい」
という状態は、高脂肪・高コレステロール食よりも
高糖質もしくは植物油(オメガ6系脂肪酸)過多や
脱水により引き起こされる、と考えられます。

脱水は、高齢の方では特によく見かけます。
検査をすると7〜8割は軽度の脱水がある印象です。
(「夜、トイレに起きたくないから」だそうです)
冬場の水分不足は、風邪やインフルエンザ、肺炎
のリスクがありますが、これからの季節は
熱中症に注意が必要です。

血をサラサラに保つ意味でも病気予防の点でも
水分は、水やお茶などで1日2L前後は摂取する方が
いいです。測る必要はないですが
手の届くところに水分を置いておくのが良い
と思います。

次の方

「前田さんは直前には糖質をたくさん摂ってましたが、その前2,3ヶ月は糖質制限ダイエットをしていたようですね。」

コメントありがとうございます。
そうなんですね。
もっと早く糖質制限と出会い
続けてくれていたら、と残念でなりません。

前田さんの場合は、当日バラエティ番組の撮影で
陸上競技などを行っており、撮影中から
不調を訴えていたようなので
脱水の影響も大きいかもしれません。

糖質制限は、病気の治療になるとは限らないため
身体に不調が現れてからでは遅いこともあります。

甘いものや炭水化物を大量に(食事の6割)摂る
「普通の食事」で「今は何ともない」からといって
その食生活が安全、というわけではありません。
(現に、日本の糖尿病患者数は増え続けています)

いわゆる「常識的な」食生活とは違うかもしれませんが
「普通」ではない(笑)糖質制限を実践することで
高血圧や糖尿病、がんなど普通の日本人が
かかりうる病気を予防し
普通に突然死してしまう事態を防げるのではないか
と考えています。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


posted by ted at 21:40| Comment(0) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。