2016年05月25日

持病があるときの糖質制限

今日もコメントから。

「先生、ブログ書いて下さって、本当にありがとうございました。 ひょんなことから、先生のブログをランキングで見つけ、糖質制限もよく知らぬ者が、のめり込んで、最初に書かれた記事から、読ませて頂きました。 すみません💦 文章途中で書き込むボタンをさわってしまいました。 続けさせて頂きます。 私は、58歳、体重もやや肥満でしたが、糖質制限食を始めて、最初の10日間は、低血糖になったりしましたが、そこを乗り越えて、体重が、3週間で3キロ落ち、BMIも24になりました。先生のおっしゃるように、良いことづくめでありがたい事です。 心配なのは、一緒に始めた夫60歳の事で、ご相談させて頂きます。 夫は、9年前の平成19年、健康診断でひっかかりました。その時は空腹時血糖値が、179、ヘモグロビンA1cは、7.0ありました。主治医の先生からのご指示で、コレステロールも高かったので、リバロ1rとベイスンOD錠0.2 を1日3回、半錠ずつ飲んでいました。体重も5キロ近く落として、BMIも21〜22 空腹時血糖値が、130前後、ヘモグロビンA1cは、6点台で推移していましたが、 平成27年からは、空腹時血糖値も145になり、ヘモグロビンA1cも7になり、膵臓が弱って来ているとの事で、ベイスンも1回1錠になりました。それでも、空腹時血糖値は、130〜147、ヘモグロビンA1cは、6.6でした。 今月の検査では、糖質制限食を始めて、1週間でした。空腹時血糖値は120、 ヘモグロビンA1cは、6.9でした。 糖質制限食を始めて、3週間がたちましたが、昨日テニスで運動してから、今日と、だんだん食欲が細り、今日は低血糖のようで、右肩肩甲骨の左側が珍しく凝っていて、体がだるい、きつい、いらいら感があるようでしたので、ウイダーインゼリー(炭水化物22.5グラム)を飲んだら、ようやく頭が上がりました。 糖質制限食をとっているのに、ベイスン1錠は、多いのでは、と心配になりました。 主治医の先生は、糖質制限食には、あまり詳しくないようです。 お忙しい先生に、長文、おわずらわせ申しあげ、心苦しいのですが、この先、糖質制限食を続けない限り、糖尿病は、少しずつ進行していくでしょう。安心して糖質制限食を実行する為のアドバイスをお願い致します。」

コメントありがとうございます。
最初から読んでいただいて嬉しいです。
途中で書き込んでしまったコメントは
こちらで削除しておきますね。

ご本人さんは、良いことずくめということで何よりです。

旦那さんについては
ブログで診断や治療はできませんので
わたしが本人だったらこうする、という
個人的な考えをお伝えすることしかできませんが
「膵臓が弱って来ている」
というところが気になりますね。

それがなければ、糖質制限をしていれば
作用機序から言って、ベイスンは不要
と言えますが…

ちなみに、ベイスンは食事の直前に飲むことで
糖の吸収をゆるやかにする薬です。
食後の血糖値の急上昇を抑えられるので
血糖値を下げるホルモンであるインスリンを放出する
膵臓の負担を軽減すると考えられます。

持病(糖尿病でインスリン注射中、腎不全、肝硬変、膵炎、他代謝性疾患)
のある方の場合、糖質制限は禁忌といってもいいですが
そこまでの病態でなくても、各臓器が弱っているようであれば
糖質制限は慎重に進めていった方が良いかと思います。

現在の状態であれば
わたしが旦那さんの立場なら
ベイスンを続けつつ
少しずつ糖質制限を取り入れます。

例えば、今までの食生活が
おやつ(甘いもの)あり、3食とも主食(白米など)あり
であれば、始めの1か月ほどは
甘いもの一切なし、3食とも主食あり(以前と同じ〜8割程度)
で、次の1か月は
朝昼:主食あり(以前と同じ〜8割程度)、夕:主食なし
…というように、徐々に食事を変更していきます。

毎月のヘモグロビンA1cの数値を見ながら
数値の低下に合わせて
ベイスンは1錠→半錠→中止
とできればいいかなと考えます。
(現在の膵臓の残存機能次第なので
必ず中止できるとはいえません)

糖尿病は、良くも悪くも慢性疾患であり
年単位でゆっくりと進行していくものなので
慌てる必要はありません。

必要な栄養をしっかり摂って
身体に良い食事を続けられるよう
少しずつ身体を慣らしていくのであれば
安心して続けられると思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


ラベル:持病 糖尿病 膵臓
posted by ted at 17:42| Comment(3) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生お返事ありがとうございました。
主治医の先生と相談しながら、持病のある主人の糖質制限生活を続けて行きたいと思います。主治医の先生が糖質制限をどうお考えかは分かりませんが、それで体調数値が良くなれば、継続も可と思ってらっしゃる柔軟な先生です。
コメントのお返事頂きまして、もっと早く御礼をと思っておりましたが、風邪から持病の咳喘息になり、アドエアや、抗生物質等を飲むも、1週間喉が痛くて、夜になると38度くらいの熱が出たりで、体力がなくなり、点滴を受けて、ようやく熱も出なくなり、喉も痛くなくなり、咳も減り回復していますが、
体重が1週間に1キロ減っていたからか(糖質制限食してから−4キロ) 体力の衰えがあります。週に2〜3回テニスをしていましたが、テニスどころか、外出する気力もなく心配になります。病中も、糖質制限は貫き、MEC食と野菜少々で栄養に気をつけていました。今まで風邪をひいても今のように症状が良くなってくると、すぐ元気が出たのに、この体力気力のなさは、糖質制限のやり方に問題があるのでしょうか? 昼食だけでも、ご飯やパンを半分くらい摂った方が良いでしょうか?
なかなか糖質制限をするに当たり、お医者様のケアを受ける土台が世になく、またお尋ねする事となりまして恐縮でございますが、よろしくお願い致します。
Posted by こゆはり at 2016年05月30日 17:01
先日は、糖質制限食をはじめてから、風邪をひいて、体調を崩し、ダルさが取れないとご相談させて頂きましたが、昨日からはダルさも取れて、久しぶりにテニスも出来ました。やはり異常なダルさは風邪のせいだったのかと思います。
ただ私は、かなりの糖質依存だったので、先生は、まずは甘いものを止める事から始めて下さいと、おっしゃっていたのに、一月前から始めてた糖質制限で、間食、主食を一気に止めてしまいました。そうしないと自分は、糖質依存からの脱却は出来ないと思ったからです。結果的には、甘いものを欲しいと思わなくなり、先生がおっしゃったように、良い事づくめでしたが、やはり体は、ちょっと悲鳴をあげていたのかもしれません。
今、気になる事があります。
昨日娘の家にいて、少しお腹がすいていたので、卵サンドイッチを久しぶりに1つ口にしてテニスに行きました。テニスをしていて、またお腹空いたなあなどと思っているうちに、腕に力が入らなくなり、少し震えを感じたので、甘いおせんべいをかじってコートに戻ったら、元気になりました。これは低血糖の症状だと思います。
家にいて空腹感をあまり感じないので食事の間が開きすぎると、たまになるときがあります。家では、すぐに糖質制限の食事を取ればなおりますが、テニスのように運動中は、少々の糖質をとっても良いでしょうか?
また、このような低血糖症状が出るようでは、まだ糖質依存があるということでしょうか?
少しといえど、卵サンドイッチを食べたのが悪かったのかなとも思います。
糖質制限で知る人間の体の謎?に振り回されております。
ご質問ばかりで申し訳ありません。お時間ございましたら、お返事頂きたくお願い致します。
Posted by こゆはり at 2016年06月01日 10:22
だいぶ暑くなってまいりましたが、先生、奥様はお元気にお過ごしの事と存じます。私も糖質制限で体重も順調に減っております。もうどれだけ要らない物を体の内外につけていたのかと、あ然とする思いです(笑) おかげさまで私は順調なのですが、以前にもご相談させて頂きました主人の事で再度お尋ねさせて頂きます。
実は、今朝も朝食前に具合いが悪くなりました。冷や汗と軽い吐き気で横になりました。しばらく寝て起きて血圧が88/64で、ベイスン半錠飲み、糖質制限食を食べて、また横になりました。
2時間寝て起きて来て、頂き物の羊羮がずっと展示品のように(笑)置いてありましたのをみつけ、珍しく食べたいと申しますので、一切れ食べまして、しばらくすると元気になりました。血圧は、110/83でした。
前回もそうでしたが、食事(糖質制限食)の量が少なかった後で、このような事になったような気がします。昨夜の夕食は(ベイスン半錠)たしかに、鯛のさしみとサラダ、糖質0ビールと焼酎を飲み、カマンベールチーズは、3切れ食べていましたが、その日は休日で朝、昼としっかり食べたので、あまり要らなかったようです。
自宅には血圧計しかありませんので、血糖値を測定したいなと思いましたが、調べるとたくさんの種類があり、測定方法もさまざまで悩んでしまいました。また、薬事法により、一部ネットでは買えないパーツもあり、一般の人間は、何をどのような方法で買えば良いのでしょうか?お忙しい先生にお尋ねするのは、心苦しいのですが、お奨めの測定器だけでも教えて頂けましたら、有り難く存じます。
主人の低血糖らしき症状で、ベイスンの量も減らした方が良いのかなと悩んでおります。
平日に関してですが、朝は豆乳100ccにすりごま山盛り1杯にアマニ油をスプーン1杯を混ぜた物と、豆乳100ccに粉末アシタバ10グラムを溶かして飲みます(便秘対策)が、これならば、ベイスンは不要でしょうか?
また昼は会社に販売に来るお弁当(揚げ物やマカロニサラダ等のおかずも糖質があるみたいです)を、ご飯抜きで食べていますが、これもベイスンを1錠から半錠に減らしては?と思います。
夕食は、日によりチキンステーキ、手羽先焼き、ポークソテーや、オージービーフのステーキ等の肉中心(魚は土日)に、野菜や油揚げ豆腐などの具だくさんの味噌汁、サラダのメニューになります。たまご料理やチーズもプラスする時もあります。こういうメニューなら、やはりベイスンも半錠にしようかと思いますが、いかがでしょうか?
体重は、糖質制限で2キロ減りましたが、もともとお腹以外は痩せていますので、体重は落ち着いています。
主治医の先生は、ベイスンは阻害薬だから、糖質が入らなければ問題はあまりないようなお話でしたが、もとより糖質制限で少ない糖質を阻害しては、体調不良につながるのではないでしょうか?
また空腹時血糖値が上がり出して、ベイスンが半錠から1錠処方になった時も、膵臓が、弱って来ているのかもと言われましたが、日本酒をよく飲んでいましたし、デザートも食べていましたので、数値が上がるのも今から思えば必然の事でした。
糖質制限を始めて6週間、2回目の低血糖のような症状で、具合いが悪いと言われても、血糖値がわからないので、糖尿病の人の糖質制限は悩みます。
測定器で空腹時と食後2時間の血糖値が解らないのでは、空をつかむような思いも致します。
よく糖質制限をしたら、薬は飲まない方もいるようですが、根拠もなく思い切れるものでもなく自分には、手に余る部分です( ´△`) たびたびのご相談、それも長文となりまして申し訳ありません。薬との兼ね合いのある主人の糖質制限を安心して進める道すじについて、アドバイス頂けましたら助かります。よろしくお願い申し上げます。

Posted by こゆはり at 2016年06月19日 17:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。