2016年05月31日

糖質制限が睡眠に対してできること

こちらの記事でコメントをご紹介した方から。

「早速 お返事ありがとうございました。 栄養が満たされれば空腹感がなくなると私自身思ってタンパク質は充分取っているつもりなのですが、今日も満たされない気持ちでいっぱいです。波があるのかもしれませんね。しばらく様子を見たいと思います。 もう一つ、私は不眠症が改善されず今でも睡眠薬が手放せません。改善された方もいらっしゃるようですが、何が足りないのでしょう。食欲とともに、最近やる気もなくなってきています。糖質も多少取ったほうが良いのかと、その点も少し悩み始めたところです。 私に足りない不足している栄養は補強すべき点は何なのでしょうか。お時間のある時で結構ですので、ブログの記事にでものせていただければ幸いでございます。 ありがとうございました。」

コメントありがとうございます。

タンパク質は充分に摂っている
とのことでしたら、足りていないのは
脂質かもしれません。

空腹感(食事の満足度)
に影響を与えるのは
タンパク質と脂質です。

不眠の原因は多数あります。

基本的なことですが
コーヒーを日に数杯飲んでいると
眠りにくくなります。
以前、1日6杯飲んでいて「眠れません」
という患者さんがいました(^_^;)
飲むとしても、午前中に1杯だけ
にしておく方がいいです。

また、寝る前に明るい照明の下で
パソコンやスマホの画面を見ていると
寝つきが悪くなるので
寝る前は間接照明を利用して
本を読むなどにしておく方がいいです。

睡眠薬は、睡眠時間を延ばす働きはありますが
睡眠の深さは変わらず、浅い眠りが続くだけ
になります。

また、依存性があり、耐性もあるため
続けている内に効かなくなり
しだいに量が増えていくのに、やめられない
ということになります。

副作用として、眠気や身体のだるさがあるので
やる気が出ない、というのも
睡眠薬の常用が原因かもしれません。

何科の医師でも、睡眠薬を
気軽に処方し過ぎているのが原因ですが
使用するにしても
「余計なことを考えすぎてしまう」
「頑張りすぎてしまう」という人に
睡眠のリズムを整える目的で
短期間の使用に留めるべき
と考えます。

わたし個人としては
2〜3日一睡もできなかったとしても
睡眠薬を飲むことはありません。

糖質制限により
睡眠のリズムを整えるメラトニン
という神経伝達物質を合成するための
トリプトファン、鉄、マグネシウム
ナイアシン、ビタミンB6、葉酸などが
豊富に摂取できるため
栄養不足による不眠であれば
糖質制限により改善することがあります。

しかし、人間関係のストレスがある
金銭問題がある、試験が近いなど
不眠の原因が違えば、栄養だけでは
改善しません。

すべての健康上の問題が
栄養だけで改善するわけではないので
糖質制限は、健康を維持するための
基本となる食事法にすぎない
と考え、気楽に実践してもらえたら
と思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


posted by ted at 11:33| Comment(0) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。