2016年08月21日

甘いものの断ち方

コメントをご紹介します。

「先生 はじめまして。 糖質制限をしようと何度もトライしているのですが 炭水化物・甘い物の誘惑に負け 糖質制限が出来ません。 これは糖質依存なのかただの甘えなのかどちらでしょうか? もし 甘い物を止めるのにこういう方法があるよという事があれば教えて下さい。 実は 他サイトでも同様の質問をした所 両方の可能性があり 甘い物を断つには「鋼鉄の意志」が必要であると言われました。 ですが そう簡単に「鋼鉄の意志」が持てる訳もなく悩んでいます。 私は禁煙に成功しています。 ですが糖質断ちは出来ません。 このまま私は糖質制限が出来ないのでしょうか? お時間のある時にでもご回答をお願いできれば幸いです。」

コメントありがとうございます。

依存か甘えかといわれると区別は難しいところだと思いますが
糖質の害が十分理解できていて、それでもやめられない
というのは依存といった方がいいように思います。

禁煙に成功されたとのことですが
砂糖の依存性は、ニコチンの8〜10倍といわれています。
(ちなみに、ニコチンはコカインと同等の依存性です)

さらに、砂糖は身体に悪いという認識でいる人が少ないこともあって
タバコよりも、はるかにやめにくいと思います。
ほとんどの人が禁煙に賛成してくれたと思いますが
甘いもの断ちに協力的な人は少ないですね(^_^;)。

そういう意味で、今の社会では甘いもの断ちは
非常に難しいものとなっています。

「鋼鉄の意志」でやめるのも難しいでしょうね。
やめようと思えば思うほど、頭に浮かんでしまうものです。
「梅干のことを考えないでください」と言われて
考えずに済む人はいません。
口の中に唾液が溜まり始めた人も多いかと思います(^_^;)。

「鋼鉄の意志」で考えないようにしよう、とするのではなく
別のことに集中することで意識をそらす、のはいかがでしょうか。
仕事や家事、勉強、運動などで生活を満たせば
考える暇、間食する暇がなくなることもあります。

極端な話、暇だから考えてしまう、悩んでしまうんです。

あとは、手に入らない状態にしてしまうのも効果的です。
家の中に甘いものは置かない、財布は家族に預かってもらう
などにより、簡単に甘いものを食べられないようにしてしまう
ということです。

ただ、どうやっても最初のうちは、甘いものを手に入れるため
涙ぐましいまでの努力をしてしまうものです。
わたしもそうでしたが、何度もつまずいて
情けない自分をみじめに思ったり、笑い飛ばしたりしている内に
段々と冷静に甘いものを避けることができるようになります。

持病がある人を除いて
糖質制限ができない人はいません。
時間はかかっても必ずできるようになるので
ご安心ください。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


posted by ted at 14:33| Comment(2) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生 お忙しい中私の質問に答えて頂きありがとうございます。
私は専業主婦でメンヘラ持ちです。
家で時間をあり余してます。 暇な時間を有効利用出来るように 今後生活リズムを付けて行こうとは考えてます。
そう言う事がきっかけになってくれれば良いなぁ〜と思いました。

時間が掛かってもいつかは糖質制限できるというお言葉が心に沁みました。

先生のブログ楽しみにしていますのでマイペースで頑張って下さい。
Posted by ひろみん at 2016年08月23日 00:33
梅肉か梅肉エキス、楽したいなら?それらの錠剤を1〜2か月摂取していると甘い物を体が要求(禁断症状)しなくなる。チャレンジしてみてください。成功率高いですよ。
Posted by 通りすがり at 2016年10月04日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。