2016年10月16日

甘いもの断ちによる禁断症状には

今日は、甘いものを断つのに苦労されている方に
役立ちそうなコメントをご紹介します。

「梅肉か梅肉エキス、楽したいなら?それらの錠剤を1〜2か月摂取していると甘い物を体が要求(禁断症状)しなくなる。チャレンジしてみてください。成功率高いですよ。」

コメントありがとうございます。
それは知りませんでした。
(わたし自身は、すでに甘いものを食べ物とは認識していませんが…)

梅には、疲労回復効果があるといわれるクエン酸を始め
フマル酸、リンゴ酸、コハク酸などの各種有機酸が
多く含まれていることが有名ですが
それが影響しているんでしょうか。


糖質過多な食生活(いわゆる「普通の食事」)を送っていると
身体は、ブドウ糖を主なエネルギー源とする体質になっていますが
糖質制限をすると、主なエネルギー源はケトン体(脂質)に変わります。

糖質制限をする過程で主なエネルギー源が
ブドウ糖からケトン体に切り替わりますが
その過程で、身体のだるさ、頭痛、頭のぼーっとした感じ
などが出現します。

これは今まで糖質に依存していた身体が
すぐにケトン体をエネルギー源とすることができないため
一時的にエネルギー不足に陥るから、と考えられます。

糖質(ブドウ糖)は体内で主に、解糖系、TCA回路、電子伝達系
で代謝されており
ケトン体は細胞内でアセチルCoAとなり、TCA回路、電子伝達系
で代謝されています。
(基本的に、TCA回路が動けば、電子伝達系も動きます。)

また、梅に含まれるクエン酸などの各種有機酸は吸収された後
TCA回路により、体内でエネルギー源として利用されます。
(TCA回路は別名、クエン酸回路ともいわれます。)

つまり、糖質量が減少し、ケトン体もうまく使えてない身体に
ブドウ糖、ケトン体に代わって
TCA回路(電子伝達系も)を動かしてくれる有機酸
を供給してくれるのが梅なのではないか
と考えました。

実際は、糖質の減少分をすべて梅の有機酸で補っているというのは
量的に無理があるので、糖質制限初期の身体のだるさなどの
機能低下を最低限、下支えしてくれる程度ではないか
と思います。

糖質制限初期や甘いものを断つ過程で
何とも言えない身体のつらさが現れるようなら
梅の有機酸が濃縮されている梅肉エキスは
いいのかもしれませんね。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


posted by ted at 12:59| Comment(0) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。