2016年10月29日

糖質制限で認知症予防

糖尿病と認知症の合併率は
非常に高いことで知られています。

つまり、長く糖尿病を患っている人は
認知症を発症するリスクが高く
逆に、認知症で病院を受診した人が
検査の結果、糖尿病もあった
ということは珍しくありません。

糖尿病を患っている状態であれば
高血糖、高インスリン状態となっています。
(T型の場合も、病院での治療を続けると
医原性の高インスリン状態となります。)

血糖値が高いので
血糖値を下げるホルモンのインスリン量も多い
ということです。

この高血糖、高インスリン状態が
認知症のリスクを上昇させると考えられます。


現在、認知症の原因は

1.AGE(終末糖化産物)の蓄積
2.アミロイドβの沈着

の主に2つが考えられています。

AGEは、タンパク質が糖により変性した物質で
年齢とともに増加していきます。
高血糖であれば、体内の多くのタンパク質が
糖化(変性)し、AGEとなります。

また、アミロイドβは、通常
インスリン分解酵素により分解されていますが
高インスリン状態であると、インスリン分解酵素が
アミロイドβの分解ができず、沈着します。

上記の理由により
高血糖、高インスリン状態は
認知症のリスクを高めると思われます。

逆に糖質制限で、普段の血糖値を低く保ち
結果的に、低インスリン状態でいられることは
認知症の予防になると考えられます。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


posted by ted at 18:26| Comment(0) | 糖質制限 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。