2016年11月09日

断食の危険性について

昨日は、断食のメリットについて書いたので
危険性も書いておきます。

断食において、もっとも危険なのは
復食期といわれています。

つまり、断食後に食事を再開するときです。

このときの食事を回復食といって
普段よりも消化に良いものを
意識して選ぶ必要があります。

もちろん、お粥などの糖質・炭水化物は
血糖値の急上昇をもたらすので
お勧めできません。

良質のたんぱく質、かつ発酵食品でもある
味噌汁がお勧めです。

豆腐や、海藻類のワカメ、柔らかく煮た野菜
などは具材として最適です。

同じく発酵食品として、納豆、漬物なども
いいと思います。
卵は、スクランブルエッグや温泉卵のような
半熟の状態が消化に良いのでお勧めです。

食べたい気持ちが強くなっていても
食べる量は少な目にして、ドカ食いしないよう
気をつけてください。

数日の断食で死ぬことは、まずありませんが
復食期に事故が起きることはあるそうです。

わたしの場合は
丸1日の断食をすることが多いので
次の日の朝食が回復食に当たります。

いつもの朝食が、味噌汁と
スクランブルエッグなどになることが多いので
復食期も、いつも通りの朝食です。

もっと復食期に時間をかけた方がいい
かもしれませんが
昼食は、いつも通り妻の弁当です。

あとは、断食中も水分を摂取していれば
まず問題ありません。

普段、糖質制限をして
甘いものをほとんど食べていなければ
断食中に空腹で苦しむことは少なくなります。

糖質制限で空腹感が少なくなれば
断食後にドカ食いするリスクも減り
安全にオートファジーを利用できる
ということです。

*上記内容は、1〜2日の断食での話です。
3〜7日、それ以上など長期の断食においては
もっと回復食を選び、復食期に時間をかける
必要があります。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


posted by ted at 13:49| Comment(0) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。