2016年11月10日

断食以外の若返り方

前々回の記事では
断食によりオートファジーを引き起こすことが
若返りにつながる、という話をしました。

では、オートファジーは断食でしか起こらないか
というと、そうではありません。

身体のタンパク質は
常に新しいものと入れ替わっているので
緩やかなオートファジーは、常に起きています。
(基底オートファジーといいます)

普段は、基底オートファジーにより
古くなったタンパク質を分解し
新しいタンパク質に作り変えて
身体の機能を維持している
いうことです。

また上記の記事では
「身体が飢餓状態のときに起きる」
と説明しましたが、より正確には
「細胞がアミノ酸・インスリン不足になれば」
オートファジーが活発になります。

例えば、飢餓状態であれば
身体が吸収するアミノ酸の量は
ほとんどありません。

また、身体に糖質が入ってくることも
ほとんどなく、血糖値を下げるホルモンの
インスリンも不足しているため

飢餓状態の場合
アミノ酸不足、インスリン不足となり
オートファジーが活発になる
ということです。

つまり、飢餓状態(断食)以外で
オートファジーを活発に起こすには
細胞をアミノ酸不足、もしくは
インスリン不足にすればいい、ということです。

インスリン不足、インスリンの量を減らせる
といえば糖質制限です(笑)。

基本的に、糖質・炭水化物の摂取量が少ないと
血糖値を下げるホルモンであるインスリンを
放出する必要性が低いため
普段から低インスリン状態となります。

糖質制限を長年続けている人が
いつまでも若々しいのは、低インスリンにより
オートファジーが活発になっている
のも原因のひとつかもしれません。

また、運動もオートファジーを
活発にします。

運動によりブドウ糖が消費され
低インスリンになるためなのか
筋繊維が太くなる際にアミノ酸を消費するため
なのか、よく分かりませんが

運動によりオートファジーが活発になることは
いくつかの研究により示されています。

以上より
断食以外でオートファジーを活発にし
いつまでも若々しくありたいなら
糖質制限と運動がおすすめです
ということです。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


posted by ted at 12:56| Comment(0) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。