2016年11月14日

食物アレルギーの治し方1

今日から食物アレルギーの治し方
について書いていきます。

いつまで続くか分かりませんが
不評であれば、別のテーマにしますので
ご安心(?)ください。

食物アレルギーには
食べてすぐ(数時間以内に)
症状が出る即時型と
食べてから数時間〜12時間ほどで
症状が出る遅延型があります。

即時型の症状は、かゆみや発疹
むくみ、呼吸困難など目立つ症状が多いため
本人や周囲もすぐに気づくことができます。

逆に、遅延型のアレルギー症状は
腹痛や下痢などの消化器症状もありますが
頭痛や不眠、気分の落ち込みなどの
一見アレルギーとは思えない症状が出現するため
医師でも見落とすことがあります。

一般的に、食物アレルギーといえば
即時型のことを想像される方が多いと思います。

即時型は、幼少期に気づかれ
本人も周囲も、その食材を慎重に避けるため
症状が出現することは、まれになります。

遅延型は、気づかれにくいため
慢性的な頭痛や腹痛などの症状に
人知れず悩み続けている方もいます。

即時型の方は、食べたくても食べられない
という悩みがあり
遅延型の人は、原因はもちろん
アレルギーかどうかさえ分からない
という悩みがあります。

どちらについても、確実に治る
というわけではありませんが
悩んでいる方のヒントになればと
書いていきます。

遅くなってしまったので
とりあえず、今日はこの辺でm(__)m

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


posted by ted at 22:42| Comment(0) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。