2016年11月26日

植物も糖質制限している

昨日のヤフーニュース(朝日新聞デジタル)
にて、植物が細菌に感染すると
糖を細胞内に取り込み
細胞周囲の糖を減らすことで細菌の増殖を防ぐ
という京都大学の研究が取り上げられていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000011-asahi-soci

高血糖が、細菌感染を悪化させやすい
ということを
植物は本能的に分かっている
ということです。


ヒトの場合は
酸素を運搬している赤血球が
常にブドウ糖を必要とするため
細菌感染したとしても血糖値を
下げたり、0にすることはできません。

感染してからでは遅いので
普段から血糖値を低めに保ち
感染を予防する必要があります。


糖質制限をしていると
血糖値が80mg/dL前後と低めで
維持される人が多いのは
このためではないかと考えます。

アミノ酸(タンパク質)を分解して
血糖値を上げる、糖新生という働き
もありますが、身体が
わざわざ100mg/dL前後まで
血糖値を上げようとしないのは

血糖値80mg/dL前後が、細菌感染を防ぎつつ
身体の機能も維持するのに
最適な血糖値だから、と考えられます。

ちなみに、妊娠中
母体の血糖値にかかわらず
臍帯血や胎盤の血糖値は
80mg/dL前後で維持されているそうです。

つまり、母体・胎児は
生きていくのに最適な血糖値が分かっている
ということです。

一般に言われている
炭水化物(糖質):タンパク質:脂質
=6:2:2の「普通の食事」では

血糖値は、100mg/dL前後と「標準的」な
数値となってしまい
感染症を起こしやすい状態で
維持されてしまいます。

これからの季節
特に細菌感染を防ぐ意味でも
糖質制限で血糖値を低めに保つこと
をおすすめします。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


ラベル:感染 血糖値 細菌
posted by ted at 18:11| Comment(1) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
以前から参考にさせていただいてます。
ゆるい糖質制限をしていますが軽い膵炎らしき症状(病院では異常無しです)があり肉、チーズ、ナッツなどを糖質制限分多食してますと膵臓が疲れるのか、痛みが出てきます。
何回か試すのですが痛みが出てくると挫折し、以前の食生活に戻ってしまいます。なんとか、糖質制限で内臓の負担をなくし、健康な生活を送りたいのですが食生活で方法はありますでしょうか。
Posted by モモ at 2016年12月07日 15:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。