2017年01月11日

砂糖なしの料理ができる理由

遅くなりましたが
あけましておめでとうございます(笑)。
本年もよろしくお願いいたします。

早速ですが、コメントをいただいています。

「楽しく拝見しています。糖尿病の一歩手前で、どうしたものかと思ってるさなか、このブログにであいました。早速できるところから始めたいとおもいます。 砂糖を断つということでいえば、料理の甘みはどうすればいいでしょうか。江部先生は、エリスリトールを推奨されていますが。甘い味つけは、みりんも含めて、一切なしということでしょうか。お教えください。」

コメントありがとうございます。

料理については、基本的に砂糖は使わず
本みりんを使っています。
この点については、妻が本当に努力してくれました。

妻はもちろん、わたし自身も料理
特に和食には砂糖が必要、と思っていましたが
砂糖なしも慣れてくれば、意外と気になりません。

砂糖や人工甘味料などの強い甘みを
日常生活からなくしていくと、味覚が鋭くなり
大根やニンジンから出る、やわらかな甘みでも
十分満足できるようになります。

たまたま、今朝の味噌汁は
サツマイモが入っていましたが
砂糖が入っているのかと思うぐらい(笑)
十分に甘みを感じることができました。

甘みの必要量自体が少なくなるので
砂糖の量をそのまま、本みりんで
置き換えているわけではありません。

本みりんを使う理由は
エリスリトールと違って
味に奥行きを出したり、照りをつけたり
生臭さを消したりと、ただの甘さではない
調理上の利点があるからです。

また、本みりんは砂糖と違って
基本的に果糖を含んでいません。

果糖は、タンパク質を変性(AGE化)する力が
ブドウ糖の10倍以上と言われており
砂糖(果糖+ブドウ糖)が有害であることの
大きな原因のひとつです。

また、野菜や果物にも果糖は含まれるので
砂糖を加えなくても、味覚が鋭くなれば
甘さは十分、と感じることができます。

砂糖の代わりにエリスリトールを使うのは
甘いもの依存の状態が維持されるので
わたしは、あまりお勧めしません。

以上、まとめると、
糖質制限により味覚が鋭くなるので
料理の甘みは、素材の持つ甘みだけで十分楽しめます。
本みりんは果糖が含まれず、メリットも多いので
使ってもいいと思います。
ということです。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今年も、よろしくお願いいたします。


posted by ted at 15:17| Comment(1) | 糖質制限 レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログの大ファンです。いつもなんてボランティア精神に溢れたドクターなのだろうと感激して愛読させて頂いております。
自身はとても順調に健康管理出来ており、一昨年の今まで入らずこのまま中年太り、、、と諦めていたパンツが昨日ふと思い立って履いてみたら履けて感激しております。糖質オフスタートして6週間余りですが3キロくらいか落ちた感覚です。でも153cmと背も低いし元々太っていないのでただ引き締まっただけかなと感じつつまだ体重計には乗っておりません。
私自身は今まで避けていたお肉の脂身や生クリーム、バターをふんだんに食べて主食を取らず面白いように引き締まるので高校生の息子と主人にも勧めるのですが、元が私も含め炭水化物大好き一家、なかなかうまくいきません。そんな中、脂質は積極的に摂る私のメニューに白米を食べるのって良くないですよね?もし炭水化物を止めないのなら糖質と脂肪の組み合わせが良くないと思うと2人にはやはりヒレやササミを食べて欲しいと思ってしまいます。この場合、それしか方法がないでしょうか。
いつも更新楽しみにしております。お忙しい毎日ですのにありがとうございます。
Posted by せにょ at 2017年01月12日 15:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。