2016年10月16日

甘いもの断ちによる禁断症状には

今日は、甘いものを断つのに苦労されている方に
役立ちそうなコメントをご紹介します。

「梅肉か梅肉エキス、楽したいなら?それらの錠剤を1〜2か月摂取していると甘い物を体が要求(禁断症状)しなくなる。チャレンジしてみてください。成功率高いですよ。」

コメントありがとうございます。
それは知りませんでした。
(わたし自身は、すでに甘いものを食べ物とは認識していませんが…)

梅には、疲労回復効果があるといわれるクエン酸を始め
フマル酸、リンゴ酸、コハク酸などの各種有機酸が
多く含まれていることが有名ですが
それが影響しているんでしょうか。


糖質過多な食生活(いわゆる「普通の食事」)を送っていると
身体は、ブドウ糖を主なエネルギー源とする体質になっていますが
糖質制限をすると、主なエネルギー源はケトン体(脂質)に変わります。

糖質制限をする過程で主なエネルギー源が
ブドウ糖からケトン体に切り替わりますが
その過程で、身体のだるさ、頭痛、頭のぼーっとした感じ
などが出現します。

これは今まで糖質に依存していた身体が
すぐにケトン体をエネルギー源とすることができないため
一時的にエネルギー不足に陥るから、と考えられます。

糖質(ブドウ糖)は体内で主に、解糖系、TCA回路、電子伝達系
で代謝されており
ケトン体は細胞内でアセチルCoAとなり、TCA回路、電子伝達系
で代謝されています。
(基本的に、TCA回路が動けば、電子伝達系も動きます。)

また、梅に含まれるクエン酸などの各種有機酸は吸収された後
TCA回路により、体内でエネルギー源として利用されます。
(TCA回路は別名、クエン酸回路ともいわれます。)

つまり、糖質量が減少し、ケトン体もうまく使えてない身体に
ブドウ糖、ケトン体に代わって
TCA回路(電子伝達系も)を動かしてくれる有機酸
を供給してくれるのが梅なのではないか
と考えました。

実際は、糖質の減少分をすべて梅の有機酸で補っているというのは
量的に無理があるので、糖質制限初期の身体のだるさなどの
機能低下を最低限、下支えしてくれる程度ではないか
と思います。

糖質制限初期や甘いものを断つ過程で
何とも言えない身体のつらさが現れるようなら
梅の有機酸が濃縮されている梅肉エキスは
いいのかもしれませんね。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


posted by ted at 12:59| Comment(0) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

糖質制限中の糖質摂取でむくみ

今回もコメントをご紹介します。
こちらの記事にいただいたコメントです。

「はじめまして。 実は最近気になったことがあり、検索した結果このブログにたどり着きました。 二年ほど前の健康診断で、空腹時血糖は低いのにHbA1cが高く、プレ糖尿病と診断されて以来、糖質制限をしています。 もともと痩せている方なので、目的はダイエットではなく、血糖値の大きな変動による健康への影響を避けるためです。 実は、先週末、ヨガや瞑想のリトリートに5日間参加したのですが、出された料理は主にインド料理でした。 食べ物は選べるようになっていたため、ナンやチャパティなどのパン、お米、当然デザートも食べなかったのですが、おかずがジャガイモ、豆、キノア、タピオカなどを使った料理以外に選択肢がなかったこともあり、かなり糖質を摂ってしまった可能性があります。 リトリートが終わった日、鏡に映った自分の姿を見て、下腹がポッコリ出ているのを見て愕然としました。 お腹のポッコリは2-3日で治まったようですが、今度は足首が太くなって驚きました。 以前普通に糖質を摂っていた時も、こんなにむくんだことはありませんでした。 普段糖質制限をしていると、たまたま糖質を摂取した時にここまでむくんでしまうものなのでしょうか?」

コメントありがとうございます。
体質にもよりますが、起こりうると思います。

上記の記事にも書きましたが
糖質制限をしていると、むくみは改善する方が多いです。
その後、糖質を大量に摂ると、逆に一時的にむくむことは
十分に考えられます。

糖質制限をしていると、身体のエネルギー源が
糖質から脂質(ケトン体)に変わります。

それまでの大量に糖質を摂取していた食生活では
身体は、糖質の害から自身を守るために
頑張って糖質を消費しようとしています。

糖質制限により、身体のエネルギー源がケトン体に変わると
糖質の処理を急ぐ必要がなくなるため
急に大量の糖質を摂ったときに、その処理が間に合わなくなる
のではないかと思います。

強い眠気やむくみ、身体のだるさなどが現れると
心配になるかもしれませんが
大量の糖質を摂取する生活が異常事態であって
ただそれに慣れて、感覚が鈍くなっていただけのことです。

頑張って糖質を処理し続ける生活では
いずれ身体が持ちこたえることができなくなり
処理しきれなくなった糖質が尿から出たり(糖尿病)
糖質処理専用細胞(参考記事)を作り出したり(がん)
…となる可能性があるので

一時的にむくんだからといって
「やばいやばい、やっぱり糖質に慣れておかないと…」
と考えて、あえて不健康な生活に戻す必要はありません。

むくみなどの症状は身体からの警告
と考えて、食事内容の参考にするとよいと思います。

糖質制限で感覚が鋭くなってくると
頭で考えるよりも、身体に聴いた方が早い
と思うようになりました。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
ラベル:むくみ 糖質 処理
posted by ted at 21:13| Comment(1) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

海外での糖質制限と暇な時間

ツクツクボウシの鳴き声が聞こえるようになり
やっと夏も終わりが見えてきました。

脱水・熱中症で運ばれる人が減ってくれるのではないか
と期待しております(笑)。

コメントをご紹介します。

「はじめまして。 以前、糖質制限と加圧トレーニングで1か月に5キロも一気に落としてしまい、その後見事にリバウンド。仕事で海外赴任になり、食生活の変化でまた増加…。慣れない国での生活と、仕事も肉体的にも精神的にハードです。増加していく体重に焦りを感じています。 改めてダイエットを決意しました。食材が日本と違い、豆腐や糖質0製品などが簡単には手に入りません。玄米やお米すらも手に入りにくい状態です。 幸い乳製品が安価で手に入るので、チーズやチキンを使って料理しようかと思っています。 まだまだ不安要素はありますが、綺麗になる自分をイメージしながら頑張りたいと思います。」

コメントありがとうございます。
慣れない海外での生活は大変ですね。

飼育がしやすく、宗教的な問題が少ない鶏肉は
どこの国でも手に入りやすいと思います。

数は少ないかもしれませんが、チーズやチキンなど
糖質量を抑えつつ、タンパク質・脂質を摂取できる食べ物は
他にもあると思いますので、食材を工夫して
さらに綺麗になってください(^^)

仕事のストレスもあると思いますが
糖質制限をしていると、身体の炎症は抑えられるので
肌荒れもしにくくなります。

腸内環境も良くなるので、便秘になりにくい
というメリットもあります。

貧血にもなりにくくなるなど、女性にとって良いことは多いので
ダイエットがうまくいった後も、糖質制限を続けられることを
おすすめします。

あと、お一人。前回コメントをご紹介した方です。

「先生 お忙しい中私の質問に答えて頂きありがとうございます。 私は専業主婦でメンヘラ持ちです。 家で時間をあり余してます。 暇な時間を有効利用出来るように 今後生活リズムを付けて行こうとは考えてます。 そう言う事がきっかけになってくれれば良いなぁ〜と思いました。 時間が掛かってもいつかは糖質制限できるというお言葉が心に沁みました。 先生のブログ楽しみにしていますのでマイペースで頑張って下さい。」

コメントありがとうございます。

暇な時間が多いと、糖質制限は特に難しいですよね。
家で一人でいると、テレビを見ながらついつい何かつまんでしまったり…

時間の有効活用をお考えでしたら、図書館はいかがですか。
お金はかかりませんし、読みやすい本で勉強もできます。
何より、ほとんどの図書館は飲食禁止なので
うっかり食べてしまう、ということがなくなると思います。

わたしは仕事や他の用事がなければ
図書館でのんびり過ごす、というのは
理想的な生活のひとつだと思っています(^^)。

人生という貴重な時間、ぜひ有効に使ってください。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
posted by ted at 09:13| Comment(0) | 糖質制限ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。