2017年05月07日

適度な糖質制限とは

ご無沙汰しております。
遅くなってすみませんが、コメントをご紹介いたします。

「先生、いつもありがとうございます。 糖質制限を始めて一年になりました。 以前は結構頻繁に胃が悪くなっていたのですが糖質制限開始後はかなりよくなっていました。でも最近時々胃もたれ、胃痛がするようになり食べ方を気をつけないといけないなぁと思っていたのですが、ここに来て逆流性食道炎のような症状が出ています。 以前の先生の記事も参考にさせていただき、アミノ酸サプリも少しずつ摂取しています。糖質の食べ過ぎというのはあり得ないのでやはりたんぱく質不足かもしれません。私としては太りたいのでたんぱく質、脂質はしっかりとっているつもりなのですが…。 最初の頃に比べてかなり脂質が増えているのですが、脂質は逆流性食道炎にとってどうなのでしょう?糖質制限で逆流性食道炎が良くなると言われますが脂質をたっぷりとっても悪影響はないのでしょうか? 逆流性食道炎はストレスも関係するようなので、更年期障害の症状かとも思っています。 どう対処したらいいかアドバイスいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。」
「追加させていただきます。 糖質制限でたんぱく質や脂質をたっぷり食べても胃腸に負担がかかるばかりで上手く吸収できていない感じがあります。 先生は消化酵素サプリについてはどう思われますか? よかったらご意見お聞かせください。 お忙しいのに申し訳ございません。 急ぎませんのでお時間のある時によろしくお願いいたしますm(__)m」
「先生、いつもお世話になっております。 以前、A/G比について説明いただいた者です。 私は糖質制限を始めて1年になりますが A/G比は以前の方が高値でした。(と言っても以前1.3程、現在1.2足らず) たんぱく質、脂質の摂取量はかなり増えているのに全く改善しないのは、やはり消化吸収できていないのかと思い、消化酵素サプリを摂りはじめたところです。 また、元々悪かった胃腸の調子が糖質制限を始めて良くなり喜んでいたのですが、8〜9ヶ月経ったあたりからたまに不調になり、最近は殆ど毎日胃痛、胸焼けに悩まされるようになりました。下痢になったりもします。糖質制限のやり始めではなく半年以上経ってからこういう症状が出るということは段々と負担がかかってきたということでしゃうか。カロリー確保のためその頃から脂質の量も増やしました。 以前なら内科で胃薬をもらい、おかゆを食べて治していたのですが、糖質制限の勉強をしてから糖質や薬の害が怖くてなっています。糖質制限をしながら胃腸の調子を改善する方法などありましたらアドバイスいただけると嬉しく思います。 お忙しいところいつも申し訳ございませんm(__)m」

コメントありがとうございます。
結論から言うと、脂質の摂り過ぎになっている
と考えられます。

どこに書いたか忘れましたが(笑)
タンパク質・脂質は、「基本的に」
食べすぎることはありません。

なぜなら、必要以上に摂ると
タンパク質の場合は気分が悪くなり
脂質の場合は下痢になるからです。

ヒトは、糖質以外の栄養は
必要量が自分で分かるようになっている
ということです。

糖質は、摂り過ぎる恐れがあるため
ある程度、糖質制限が必要ですが
タンパク質・脂質を気分が悪くなるほど摂る
必要はありません。

わたしが推奨しているのは、糖質0の食事ではなく
適度な(ゆるやかな)糖質制限です。

手順としては、甘いものを一切やめる。
そして3食の内、まず夜の主食を抜く。
・・・など、少しずつ糖質量を減らしていって
気分が悪くなったり、下痢になるようなら
そこで止めればいい、ということです。

現在の食生活で調子を崩しているなら
調子がよくなっていた時期の内容に戻す
のがいいと思います。

さて、残念ですが、糖質制限で太ることはできません。
(標準体重の範囲には入ると思いますが・・・)

体脂肪を増やすには、糖質が必要ですし
筋肉量を増やすには、筋トレが必要です。
(糖質制限でも生活に必要な筋肉は維持されますが)
骨の太さは、遺伝(?)でしょうか。

また
太りたい、という気持ちはあるかもしれませんが
太らない体質の人もいるようです。
これはインスリンの放出量や感受性によるもの
と考えられます。

糖質制限で太れない、ということは
そこが、その人にとっての適正体重なのではないか
と考えられます。

最後に、糖質や薬には多少の害がありますが
ヒトには生まれつき解毒能力もあります。
(わたしの今日の昼食は天丼でした(笑)。)

常識がくつがえされたり
思いもよらなかった知識が一度に増えると
ご自身の食生活に、自信を持てなくなってしまうかもしれませんが

甘いもの、化学調味料などを排した食生活であれば
味覚や身体の感覚を信じても大丈夫です。

糖質制限は、健康な生活のための土台
となるものですが、万能ではありません。
宗教のように絶対の戒律ではないので
できる範囲で実践するのが
心も身体も健康でいられると思います。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


posted by ted at 18:32| Comment(1) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

血液検査からわかること

コメントに気づくのが遅くなり
申し訳ありません。

「先生、いつも貴重なお話をありがとうございます。楽しみに拝見しております。 今日はたんぱく質の摂りすぎについてご相談させてください。 総蛋白8.1 アルブミン4.3 総コレステロール312 HLD117 尿素窒素33.8 という結果ですが これはたんぱく質が足りていないのか多すぎるのかよく分かりません。 もう少し体重を増やしたいのでたんぱく質と脂質でしっかりエネルギー摂取したいと思っています。 尿素窒素が高すぎるのはたんぱく質を摂りすぎているわけではないのでしょうか? 以前の記事も参考にさせていただいて4:4:2のバランスを心がけてはいるのですが、 コレステロールもかなり上がっているので 脂質をこれ以上増やしていいものか悩んでいます。 体感的には糖質制限をして特に良くなったという感じではないですが、少しずつ改善しているかな?という感じです。 元々痩せているところからのスタートなので長期戦になる覚悟はしています、笑 今後続けていくのにたんぱく質、脂質の量的なアドバイスがありましたらお手すきの時にでもよろしくお願いいたします。」

コメントありがとうございます。

尿素窒素(BUN)33.8mg/dLというのは
ちょっと慌てますね(^^;)
医師であれば、一目で脱水と判断します。
(慢性腎不全など、腎臓が悪くなければ)

アルブミンが、4.3g/dLとさほど高くないのに
総タンパクが、8.1g/dLとやや高値なのも
脱水により血液が濃縮されているかと・・・

タンパク質の総量が少なくても、水分も少なければ
タンパク質濃度(g/dL)は高い、もしくは問題なさそうに
見えてしまいます。

水分の補正ができれば
タンパク質の不足が明確になるかもしれません。

水分の摂取量目安は、1日2L前後です。
2L飲める人は少ないので、患者さんには
1.5Lを目標にしましょう、と伝えています。

タンパク質が十分にあるか、は
総タンパクとアルブミンの数値が基準値内、かつ
アルブミン÷(総タンパクーアルブミン)=A/G比
が2.0以上あるかどうか、で判定します。

総タンパクのうち
ほとんどはアルブミンというタンパク質で
残りはグロブリンというタンパク質です。
(総タンパクーアルブミン=グロブリン)
アルブミン:グロブリンの比率=A/G比
ということです。

タンパク質が十分にあれば
総タンパクの2/3がアルブミンとなり
A/G比=2.0となります。

脱水かどうかはさておき、数値だけ見ると
4.3÷(8.1−4.3)=1.13…なので
タンパク質は少ない、と考えます。

ただ、2.0以上というのは、あくまで理想値です。
わたしの場合、A/G比:1.84です(笑)。
=4.6÷(7.1−4.6)

血液検査は目安、程度に考えて
あまり数値に振り回されない方が
しあわせに生きられます(笑)。

とりあえず
タンパク質は過剰ではないので
ご安心ください。

総コレステロールについては
こちらの記事の後半部分にある通り
食事中の脂質・コレステロール量は
血中コレステロール値にさほど影響しません。

コレステロールは、身体の補修に使われるために
糖質過多や植物油などで体内に炎症があると
一時的に過剰に産生されてしまい
コレステロール値は上昇しています。

炎症が落ち着けば、コレステロール値は
自然と下がるはずです。

タンパク質:脂質:糖質=4:4:2
のバランスを意識されているのであれば
それで十分です。
しっかり水分を摂っても、BUNが改善しないのであれば
医師に相談しましょう。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
posted by ted at 22:31| Comment(1) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

サプリと愚痴と

今日もコメントから

「こんにちは! 糖質制限も私もゆる〜くはしてみてますが 足りないところはやっぱりサプリで補ってます。 以前に、あれもこれも飲むのは「けんかする」ので と病院で言われたことがありますが。 やっぱりそうなんでしょうか?」

コメントありがとうございます。

ただの栄養素なので
サプリの主成分そのもの同士が
「けんかする」ということはないと思います。

ただ、サプリも医薬品も加工食品も
さまざまな添加物が含まれているので
添加物同士が化学反応して
発がん性物質に変わることがあります。

代表的なものは、ソーセージやかまぼこ
などに含まれるソルビン酸と硝酸塩
の組み合わせですが
添加物の種類は無数にあり、すべてが
調べられているわけではありません。

発がん性物質でなくても
一方の添加物が、もう一方の栄養素の
吸収を阻害する可能性もあります。

「少量だから大丈夫」と言う人は
見たくないリスクを
見ないようにしているだけです。

自然のものがリスク0
というわけではありませんが
可能な限り少なくした方がいい
と思います。


別の方のコメント。

「どうされたのかと思っていました とてもお忙しくされていらっしゃるのですね 先生、お身体にお気をつけて下さいね」

コメントありがとうございます。

ご心配いただきありがとうございます。
言い訳がましいので書こうか迷いましたが
前回書いておいてよかったです。

元気といえば元気です。
ときどき徹夜もしております。
遊びではなく、仕事なのが
残念なところですが(笑)。

医師の勤務シフトというのは不思議なもので
当直のある日は、朝から晩まで(場合によっては寝ずに)
働き、次の日も夕方〜夜頃まで仕事があります。

9時〜翌19時とすると
34時間程度の連続勤務です(笑)。
さらに次の日も普通に朝から仕事があります。
夜勤明けだから休み、とかあってもいい
と思うんですけどね(^^;)。

土日は原則休みですが、入院患者さんの状態によっては
病院に顔を出すぐらいは必要になります。
診療科や病院によっては、暗黙の了解で
土日勤務が義務になっていることもあります。

それが嫌なら辞めればいいだけの話ですが
「先生のおかげで良くなりました」
とか言われると、辞めるにやめられず
今に至っております(笑)。

後半は愚痴になってしまいました。
次回からは皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
posted by ted at 17:14| Comment(0) | 糖質制限 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。