2016年07月27日

消化酵素が足りないときは

長らくご無沙汰しており、すみません。
コメントをご紹介します。

「以前にもアドバイスいただいた者です。 4ヶ月ほど糖質制限をしていますが、 効果も出ず、どちらかと言えば体調も悪くなってる気がします。 長年の食生活の影響で、タンパク質を消化吸収しにくいようです。ネットで調べてみてこのような場合、消化酵素サプリを摂取すると良いようなのですが、私は酵母に遅延アレルギーがあります。 消化酵素サプリにはビール酵母や麹菌が含まれているので果たして摂取していいものか迷っています。 でも元々消化酵素が少ないのに多量のタンパク質を摂取しているため、体内の酵素はかなり不足して様々な不調がでているのではないかと思っています。 主治医にはよく噛んで、と言われますが なかなかそれだけでは解決しません。 やはりこのような場合は制限を緩めた方がいいのでしょうか? せっかくここまでやってきたので、このままやっていけば段々消化力もついてくるのではないかと思ったりして、緩めることにも不安があります。 主治医から厳格な糖質制限を勧められているのはリウマチ体質を改善する為です。 私もその大切さはよく理解していてできるものなら続けたいのですが。 胃腸虚弱、遅延フードアレルギー、痩せ、等があると糖質制限も難しいです。 糖質制限と酵素の関係や対策があれば教えて下さい。 よろしくお願いします。」

コメントありがとうございます。

糖質制限をゆるめることに不安がある、とのことなので
そういう方向で考えていきます。

消化酵素サプリについては、よく分かりませんが
遅延型フードアレルギーについては、数か月程度
アレルゲンとなっている食物を摂取しなければ完治する
ことが多いのではないかと思います。
(同時進行で、リーキーガット症候群の治療・原因除去
は必要です。リーキーガット症候群についてはこちら

消化酵素量が少なく、肉などの消化が困難に感じるようなら
酵素(タンパク質)の素になるアミノ酸を
市販のアミノ酸サプリで補充してはいかがでしょうか。

ドラッグストアなどで販売されているものは
味を整える目的で糖質や人工甘味料を含むものが多いですが
NOW Foodsのアミノコンプリートなどであれば
問題は少ないのではないかと思います。

糖質制限を勧める医師は珍しいですね。
うまく相談しながら、治療が進むといいですね。

あと、お一人ご紹介します。

「はじめまして。 最近先生のブログを拝見するようになり、初めから遡り読ませて頂いております。 私は現在妊娠6カ月の妊婦です。 身長154p体重42キロです。 BMIは17.7と標準より痩せ型ですので、糖質制限で痩せるのは難しいようですが、元々とても疲れやすく、体力もなく貧血気味です。 先生のブログを拝見するようになってから、わたしは糖質を過剰摂取し過ぎていたんだと考え始めました。 お米やパン、甘いデザートが好きで、毎日甘いデザートは毎日食べておりました。 痩せているの総コレステロールは基準値をオーバーしております。 今後の健康ために糖質を制限しようと思うのですが、私のような状態でも糖質制限をしてもよいものでしょうか。 現在糖質制限を開始して1週間すぎましたが、頭がフラフラしておりますので、このような質問をさせて頂きました。 どうぞ宜しくお願いいたします。」

コメントありがとうございます。

はい、持病がなければ問題ありません。
総コレステロール値が高いようなら
特に糖質制限はおすすめです。

頭がフラフラするのは、脳のエネルギー源が
糖質主体からケトン体(脂質)主体に
切り替わっている途中だから
と考えられます。

糖質制限を始めてしばらく経った頃に
よくあることなので、ご安心ください。

心配なようなら、主食(炭水化物)の量はそのままに
甘いものだけでも中止する、など
ゆるやかな糖質制限にされてはいかがでしょうか。
また、糖質を制限するだけでなく、必要な栄養素
特に脂質(他、タンパク質、鉄、ビタミン等)は十分に
摂取されると良いかと思います。

こちらの記事の後半部分にも書いた通り
妊娠中の糖質制限は、妊娠糖尿病のリスクも下げられる
と考えられます。
毎日、ケトン体で成長しているお子さんにとっても
良い影響があるのではないかと思います。

お時間があるようでしたら
『ケトン体が人類を救う』(宗田哲男著)
がおすすめです。
妊婦さんにとって、糖質制限が
大きなメリットをもたらしてくれることが
よく分かると思います。

母子ともに健康でいられることをお祈りいたします。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


posted by ted at 21:56| Comment(2) | 糖質制限 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

妊娠と糖質制限

糖質制限をしている人たちからの報告の中に
長年、不妊治療を続けてきましたが
糖質制限を始めたら、すぐに妊娠できました
というものがよくあります。

もちろん、誰にでも同じことが起きる
というわけではありませんが
理屈の上では納得ができます。

妊娠・出産のためには、子どもサイズとはいえ
体の中に脳や臓器、骨格といった複雑な構造を
新たに作り出す必要があるため、多くの栄養を
必要とします。

そのための栄養が不足していれば
後に母体・胎児ともに生命に危険が及ぶため
不妊という形で、母子の危機を未然に防いでいる
と思われます。

妊娠がわかってから栄養状態を改善するのでは遅いので
身体は、栄養の蓄えを確認してから妊娠をスタートさせる
ということです。

糖質制限により、タンパク質、脂質、鉄など
多くの栄養が補給され、ビタミンの消費が抑えられます。
特に、鉄は健康的な妊娠・出産には必要不可欠で
不足すると産後うつになったり、子どもの不正咬合
の原因となることがあります。

また、糖質制限中は、主要なエネルギー源が
糖質ではなく脂質となるため、体内では
脂質を分解したケトン体という物質を利用し
主なエネルギー源としています。

『ケトン体が人類を救う』(宗田哲男著)
にもある通り、糖質制限をしていない母体であっても
胎児は、主にケトン体をエネルギー源としている
と思われるので、糖質制限により母体が
ケトン体を主なエネルギー源としておくことは
妊娠継続の上で非常に効率がよく
また妊娠糖尿病のリスクも下げられる
と考えられます。

『ケトン体が人類を救う』は妊娠を希望する全ての女性に
読んでいただきたい名著です。
糖質制限食とともにお勧めします。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ
ラベル:妊娠 ケトン体
posted by ted at 11:16| Comment(1) | 糖質制限 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

無月経とMEC食

今日はコメントいただいてます。

「いつも拝見させていただいてます。 客観的な内容でとても参考になります。 10年ほど前に仕事で東京に転勤になりその頃から生理がこなくなりました。 その頃太りたくなくてかなり食事を制限し始めました。 動物性タンパクと脂をほとんど摂らない生活を続け38キロ(162p)まで落ちました。 1年ほど前から食事をMECに変え今は凄く体調が良いです。 MEC食で生理が来たというのをよく聞きますが全くありません。 10年以上病院に通いホルモン薬も飲んでます。 子供がほしい訳ではないのでむしろ楽なのですが普通じゃないですよね。 今43歳です。 もし何かコメントがありましたらお願いします。 これからもブログ楽しみにしてます。」

コメントありがとうございます。

投稿者さんはともかく
摂食障害(拒食症など)の患者さんなどで
体重減少の結果、生理がこなくなることは
よくあることのようです。

妊娠・出産ほどではありませんが
月経も身体への負担が大きいため
十分に栄養が蓄えられていないと困難になります。
(生存、という重要な目的のために、いったん機能停止している状態)
月経があればいい、という問題ではなく
無月経になるほど体力が落ちているということが問題
ということです。

ホルモン療法を続けてこられたとのことなので
卵巣の機能は、ある程度保たれていると思いますが
現状維持が目的だったかと思います。
(必要な栄養が満たされていないと
薬剤で月経を無理に誘発しても
身体に負担をかけるだけですから)

MEC食に変えられたのは、非常に良い選択だったと思います。
動物性食品から、しっかりとタンパク質、脂質、鉄を
補給でき、体力が回復しつつあると思います。

月経が回復するか、は標準体重近くまで体重が戻っているか
ということが目安になり、例えば、身長:162cmで標準体重は
BMI:22とすると約57.7kgですが、現在の体重はいかがでしょうか。
ここまではなくとも、40kg台後半〜は
あって欲しいところです。

MEC食は栄養補給に特化しているので
今後、月経が再開する可能性もあると思います。

無月経の場合、あまりフェリチン(貯蔵鉄)は
低下していないかもしれませんが
月経が再開したときのために
確認しておくのもいいかもしれません。
(100ng/mL以上が理想的です)

長期間の無月経でエストロゲン低下による
骨粗しょう症の恐れがあるので、MEC食に加えて
カルシウム、マグネシウム、ビタミンDが摂取できる食材
を取り入れてみてはいかがでしょうか。

具体的には、しらすや桜エビ、いわしなどの魚介類
ノリやワカメ、コンブなどの海藻類がお勧めです。
ビタミンD生合成のため、日光浴もいいですね。

体調の改善が続くことをお祈りいたします。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ
ラベル:妊娠 MEC食 無月経
posted by ted at 11:49| Comment(1) | 糖質制限 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。