2015年10月13日

子どもの困った振る舞いも実は

街を歩いていても買い物中も、カフェでお茶をしていても
どこからともなく子どもの泣きわめく声が
聞こえてくることがあります。

転んだり、けんかしたり泣くような場面は
子どもには多々あるとは思いますが
いつまでも泣きわめいたり、ドンドンとものに当たるような状況は
ちょっと異様な光景ですし、糖質の過剰摂取を疑います。

以前にも紹介しました

糖質の過剰摂取は、血糖値の乱高下を招き
不安やイライラ、かんしゃくなどが起き
融通が利かなくなってきます。

血糖値の乱高下は、脳に悪影響を与えるため
感情が不安定になり、成長期の子どもの場合は特に
知能が十分に成長しない恐れがあります。

大騒ぎしている子どもをそれとなく見ていると
親らしき人が近づき、さんざん子どもをなじった挙句
お菓子やジュースのようなものを与え「大人しく」させます。

機能性低血糖症で感情が不安定になっている子どもに
血糖値を急上昇させる飲食物を与え、一時的な高血糖にして
状態を無理やり安定させているわけですが
数時間後には再び低血糖になるのは目に見えています。

そういう子どもに必要なのは、親の愛情と十分な栄養です。

11065332_680981802027815_114547279_or.jpg

「うちの子は、すぐにお腹がすいたって泣くのに
母乳は飲んでくれないんです」という人もいますが
すぐに空腹を訴えるのは、糖質過剰・栄養不足のサインです。
母乳を飲んでくれないのは、母親が栄養不足ということでしょう。
責めるべきは子どもではなく、糖質を蔓延させている社会ですが
すぐには変わらないので、自分たちの生活から変えていく方が早いです。

もちろん、わたしも妻も子どもに十分な栄養を与えられるよう
妊活中の現在、食生活は気をつけていますし、この必須栄養素も続けています。

子どもが元々持っている、穏やかでよく笑い、よく食べ、よく眠る性質を
十分に発揮できるよう、多くの親世代が栄養豊富な食生活に改善できると
いいですね。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ


ラベル:妊活 子ども 感情
posted by ted at 14:32| Comment(0) | 糖質制限 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

糖質制限で生理が止まる?

先日、患者さんに糖質制限を勧めたところ

「糖質制限をすると生理が止まる、って聞いたんですけど
危険性はないんですか?」

と聞かれました。
ん?そんなまさか…??と思いましたが
わたしは自分の知識が絶対だとは思っていないので
即断はせず、「ちょっと調べてみます」
とお答えしました。

確かに、ネット上では糖質制限をして生理が止まった
という話がありましたが、その食生活は
「ヘルシー」な野菜をたくさん食べ
タンパク質は豆腐などの植物性食品から摂る
というものでした。

これは意識的にタンパク質を摂取しており
一見、身体に良さそうですが、鉄分が不足してしまいます。
植物性食品から摂取できる鉄分は、非ヘム鉄という吸収しにくい鉄で
動物性食品から摂取できるヘム鉄の1/4〜1/5程度の吸収効率
しかありません。

鉄分の不足により貧血となり、出血を伴う生理という現象を
身体が危険と判断して止めた、と考えられます。

糖質制限をする場合は、肉・魚などの動物性食品を
しっかり摂るようにしないと健康を損ないます。

11063969_694643157328346_1963970480_or.jpg

一般的には、植物性食品が健康によく
動物性食品は身体に悪い、かのように思われています。

しかし、ヒトは動物なので、必要な栄養は
動物性食品からの摂取が吸収しやすく
余計なエネルギーを使わずに済みます。

動物性食品の危険性は、家畜の育て方にあります。
飼料(エサ)が遺伝子組み換えであったり
抗生剤やホルモン剤などが投与されていると
発がん性を持つ可能性が指摘されています。

国産のものは危険性は低いようですが
できれば、ジビエなども選ぶ方がいいでしょう。
(上の写真は、エゾシカ肉です。)

わたしは、現時点では
安全な動物性食品を食べて、糖質制限するのが
身体によい食生活と考えています。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ
posted by ted at 13:44| Comment(2) | 糖質制限 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

本気で妊娠を望むなら

今日は微妙なニュースを知りました。

Yahoo!ニュースで、専門医らのグループが
二分脊椎や無脳症などの先天性疾患を予防する目的で
加工食品などに葉酸を添加するよう、日本パン工業会などの団体に
要望書を提出したとのことです。

要望書では、妊娠1ヶ月以上前〜妊娠3ヶ月までの間に葉酸を摂取しておけば
こうした疾患を防げるとあり、また
厚労省は2000年に、妊娠を望む女性はサプリメントによる摂取を勧告している
そうですが、一般にはあまり知られていないようです。

結果的に、二分脊椎の児は年間500〜600人も生まれているということもあり
そうした現場にいる専門医らは何とかしたいと考え、行動したんだと思います。

このニュースが微妙なのは、葉酸の摂取を勧めること自体はともかく
そこまでしないといけないほど、現代人の栄養不足は深刻ということです。

気持ちはすごくよくわかります。わたしも葉酸を勧めることはありますが
加工食品をよく食べる人に限って、理解がいまひとつだったりします。
加工食品でなくても、最近は野菜の栄養も20年前と比べると
半分になっているものもあります。

見た目を重視して、栄養価を考えなくなった結果ですね。

栄養のあるものをしっかり食べるのはもちろんですが
必要に応じてサプリで補うという視点も必要だと思います。

妊娠前から十分に栄養が満たされているから妊娠できる
というのもあります。
子どものために、ふかふかのベッドを用意しておくように
母体も準備しておく必要がありますね。

わたしが勧めているのは
    →葉酸サプリ
です。他にもありますが、やはり鉄が同時に摂れるというのが
大きなメリットです。

11975316_766326873493307_686129837_o.jpg

↑妻が飲んでいるものを入れてみましたw

糖質制限でビタミン・ミネラルの消費を防ぎながら
サプリで妊娠に必要な栄養を、さらに追加する
これが一番確実と考え、実践しています。
ラベル:葉酸 サプリ
posted by ted at 16:40| Comment(1) | 糖質制限 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。